資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第4四半期から採用することが明らかになった

TURNはフランスのグローバルITコンサルファームであるアトス(Atos)とイギリスの金融サービス機関TISAによって開発されたツール。

TISAはデータとアナリティクスのコストを初年度で最大90%削減できると発表文に記載している。具体的にはTISAの会員はデータアナリティクスのコストに年間平均26,813,100円を費やしているが、4,021,965円までコストを削減できる可能性があるとのことだ。

TURNのCEOであるガリー・ボンド(Gary Bond)氏は「TURNはEMT規制データの収集と普及のためのソリューションを提供するだけでなく、参加企業のコストを大幅に削減し、それを顧客に転嫁することができる非常にエキサイティングなイニシアチブです。このような業界のリーダーがネットワークに参加し、今月末のテスト段階に入る前にTURNの構築を支援することは素晴らしいことです。これは業界が主導して運営する非営利のイニシアチブであり、最終的には消費者に最適な商品が提供されることを保証すると同時に、資産運用会社の管理にかかるコストと時間を削減することになります。この業界向けユーティリティーは、今月下旬に業界にデモンストレーションを提供する予定で、正式な立ち上げは2020年第4四半期の初めになると予想されています。その野心はMiFID IIの規制上の報告要件を緩和することであり、ブロックチェーン技術に基づいて欧州全域で利用できるようになる予定です。すべての関係者がリアルタイムでEMTs(欧州MiFID IIテンプレート)にアクセスできるようになり、これは高品質で一貫性のあるものになります。現在このような情報交換は一貫性がなく、時には、すべてのコストの開示を可能にするために必要なすべてのデータを他の企業から入手するのに苦労することもあります。TURNはファンドの透明性を高め、ファンドのプロファイリングをより簡単かつ正確に行うことができるようにします。より透明性の高いプロファイリングが可能になったことは個人投資家の要望に応えたものであり、来年ESG報告義務が課せられる際にも特に有効であると考えられます」とコメントしている。

リンク・ファンドの投資責任者であるアンドリュー・レリオット(Andrew Lelliott)氏は「リンクグループはTISAのユニバーサル・レポーティング・ネットワークの創設メンバーとなり、資産運用業界にとって非常に必要とされる業界全体のブロックチェーン・ソリューションの構築に向けて積極的な役割を果たすことを楽しみにしています。この業界が所有するユーティリティーは、効率性を促進し、リスクを軽減し、コストを削減し、消費者のために結果を改善するという私たちの共通の価値観に基づいています。データの共有と転送が将来に向けて最適化されるようにデータジャーニーを改善することで、業界全体にポジティブな変化をもたらすことを楽しみにしています」とコメントしている。

編集部のコメント

ヨーロッパでは2018年1月3日以降、金融商品の販売業者は、販売する投資ファンドの対象市場とコストに関する追加情報を顧客に提供しなければならなくなっております。その追加情報を報告する形式が「欧州MiFIDテンプレート(EMT)」と呼ばれています。資産運用企業が資産運用を行うコストや市場などを報告する際に、バラバラにかつ手動で記載していた形式を一元化することがTURNの狙いです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

EYが韓国中銀デジタル通貨の技術設計関与か、AntGroupがBC基盤のデジタル著作権サービス発表、本田圭佑氏がKSK Honda Coin発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

大手監査法人の韓国子会社EY Hanyongが韓国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)の技術設計に関与予定か、中国アント・グループ(Ant Group)がブロックチェーン基盤のデジタル著作権サービスを発表、本田圭佑氏がファン向けに「KSK Honda Coin」を発行、Gaudiy(ガウディ)が人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービス提供開始、(double jump.tokyoCOO玉舎直人氏コメントあり)ブロックチェーンゲーム開発企業double jump.tokyoらがNFTの相互利用の共通基盤「Oct-Pass」の策定開始、(double.jump.tokyo CTO 満足亮氏のコメントあり)ブロックチェーンゲーム開発企業double jump.tokyoがブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応支援サービス「Asset Mirroring System」のβ版リリース、ビットコインが年初来高値を更新〜bitFlyerマーケットアナリストの金光碧氏の見解~

Gaudiy(ガウディ)が人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービス提供開始

株式会社Gaudiy(ガウディ)が週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービスを提供開始したことを10月23日発表した。なおこの『約束のネバーランド』公式コミュニティ「みんなのネバーランド」は既に10月2日より開設、運用を開始しているとのことだ。

(double.jump.tokyo CTO満足亮氏のコメントあり)ブロックチェーンゲーム開発企業double jump.tokyoがブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応支援サービス「Asset Mirroring System」のβ版リリース

ブロックチェーンゲームの開発・運営企業double jump.tokyo株式会社が、同社提供のブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」において、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援するアセット・ミラーリング・システム(Asset Mirroring System:AMS)「MCH+AMS」を開発したことを発表した。

(double jump.tokyoCOO玉舎直人氏コメントあり)ブロックチェーンゲーム開発企業double jump.tokyoらがNFTの相互利用の共通基盤「Oct-Pass」の策定開始

ブロックチェーンゲーム開発企業のdouble jump.tokyo株式会社がCryptoGames株式会社、株式会社フィナンシェ、株式会社スマートアプリと提携し異なるアプリケーションやブロックチェーン間でNFT(ノンファンジブルトークン)を相互利用するためのOpen Contents Token共通仕様「Oct-Pass(オクトパス))」を共同で策定することを10月23日に発表した。

ビットコインが年初来高値を更新〜bitFlyerマーケットアナリストの金光碧氏の見解~

ビットコインが年初来高値を更新したことをうけて、暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する株式会社ビットフライヤー(bitFlyer)が10月22日午前のビットコイン各サービスの取引量を10月1~21日午前の平均取引量との比較した結果を「あたらしい経済」に伝えてくれた。

PayPalが米国内で暗号資産取引サービス提供へ、クラーケン日本法人が入出金と取引サービス提供開始、マイクリがMCH Coin発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

PayPalが米国内で暗号資産(仮想通貨)取引サービスを数週間以内に提供開始、暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)の日本法人が国内での入出金と取引のサービス開始、ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』がガバナンストークン 「MCH Coin」を発行予定、英国決済プラットフォームワイレックス(Wirex)が暗号資産(仮想通貨)決済可能なマスターカード対応のデビットカードの発行申込開始、バハマ中央銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)「サンドダラー」発行開始、(Stake Technologies取締役COO宇野雅晴氏の解説とコメントあり)ステイクテクノロージーズ開発の「PlasmNetwork」がサツドラHDとDataGatewayが取り組む決済システムのブロックチェーン基盤に採用