フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表

フェイスブックらの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトを進めるリブラ協会(Libra Association)が運営会社のリブラ・ネットワークス(Libra Networks)のCEOに元HSBCヨーロッパ代表のジェームス・エメット(James Emmett)氏を就任させたことを発表した。

ジェームス・エメット氏は、HSBCで26年のキャリアを過ごし、現在はグループ・ジェネラル・マネージャーを務めているが、2020年9月末に退任する予定とのこと。

リブラ協会のCEOを務めるスチュアート・リービー(Stuart Levey)氏は「ジェームスは、深い実質的な専門知識と業務経験を持つ一流の金融サービス経営者です。彼が当社に入社することに興奮しており、彼のリーダーシップがLibraのビジョンを現実のものにするのに役立つと確信しています」とコメントしている。

ジェームス氏は「金融サービスとテクノロジーが真に変化をもたらす機会に情熱を持っている者として、金融イノベーションと金融包摂を強化し、ネットワークの運用を実現するという使命を持って、Libra Networksに参加できることを嬉しく思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

リブラ協会のCEOを務めるスチュアート・リービー氏も、ジェームス・エメット氏と同様にHSBCに所属していました。既存の金融機関や各国政府はリブラに対して懸念を抱いていますので、建設的なコミュニケーションが非常に重要な段階だと考えられます。そのような背景を含めて、リブラはベテランの採用を心がけているのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も