バイナンスがトークンファーミングプラットフォーム「Bella Protocol(ベラプロトコル/BEL)のローンチを発表

バイナンスがトークンファーミングプラットフォーム「Bella Protocol(ベラプロトコル/BEL)のローンチを発表

暗号資産(仮想通貨取引所)バイナンス(Binance)がトークンファーミングプラットフォーム「Bella Protocol(ベラプロトコル/BEL)をローンチしたことを発表した。

Bella ProtocolはバイナンスユーザーがBNBやBUSDなどのトークンをステークキングした報酬として新たなトークンを獲得できるLaunchpool(ローンチプール)であるこのこと。

ユーザーは2020年9月9日午前0時 (UTC)から30日間、BNB、BUSD、ARPAトークンを3つの別々のプールにステークして、BELを報酬として獲得(ファーム)できるようになるようだ。

バイナンスのブログによると各トークンプール参加者の報酬は、各プールでステークされたすべてのトークンと比較してユーザーがステークしたトークンの比率に基づいて毎日計算されるとのこと。例えばユーザーが1日目の12時間に5,000BNBをステーキングをし、1日の間に参加した全てのユーザから24時間に渡ってステークされたBNBの平均額が100,000BNBだったとする。そうするとユーザーは初日に((5,000 x 12 / 24 ) / 100,000) x 150,000 = 3,750 BELトークンを受け取ることになるとのことだ。

そしてバイナンスは2020年9月16日午前6時(UTC)よりBinanceへBELをリストティングし、BEL/BTC、BEL/BNB、BEL/USD、BEL/USDT取引ペアのオープン取引を開始する予定とのこと。

編集部のコメント

ユーザーのステーキングに応じたトークン配布率に関する計算式の説明をさせていただきます。

以下の式をを基に説明します。

①(5,000 x ②12 / 24 ) / ③100,000) x ④150,000 = 3,750 BEL

 

①の5,000はユーザーがステーキングしたトークン量を示しています。

①×②の計算を行うことで、ユーザーが24時間トークンをステーキングしていた場合のトークン量を算出します。③は各ユーザーがトークンをステーキングした平均額を表しています。

(①×②)×③を計算することで、5,000トークンをステーキングしたユーザーの貢献度数を示すことができます。

そして最後にユーザーのステーキング平均額を5,000,000 x 90%(BNBのトークン報酬割合) / 30(ステーキング期間) = 150,000 BELと計算し、①と④を×ことで3,750BELと算出されます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/Cemile-Bingol)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored