バイナンスが自動マーケットメーカー「Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)」をローンチ

バイナンスが自動マーケットメーカー「Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)」をローンチ

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、流動性プロバイダーが取引手数料から利子と収入を得ることを可能にする自動マーケットメーカー(AMM)プール「Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)」の提供を開始したことを9月4日に発表した。

流動性プロバイダーとは金融商品の取引流動性を高める役割を果たす企業群のこと。マーケットメーカーとは流動性を提供しマーケットがスムーズに機能することを目的に、特定の資産を大量に売買するマーケット参加者のこと。そして自動マーケットメーカー(AMM)は金融商品の上場プロセスや取引に関する注文をアルゴリズムに基づき流動性プールと連動させて、マーケットを作る役割を果たす。

Binance Liquid Swapはローンチ時に流動性プロバイダーのために「USDT/BUSD、BUSD/DAI、USDT/DAI」の3つの取引ペアをサポートするとのこと。ただ金利と取引手数料収入額は明らかになっていない。バイナンスの広報担当者によれば流動性プロバイダーのための金利と手数料収入は、流動性プールの規模と取引量に応じて柔軟に対応していくとのことだ。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏は「私たちは中央集権化されたAMMプールを通じて、DeFi市場のさらなる成長を願っています。DeFi商品がより多くの取引量と参加者を引き付ける中で、インスタント・スワップの流動性を提供できることを楽しみにしています。そして私たちのコミュニティに利益をもたらすインセンティブのあるプール設計で、コミュニティからの利益を得ることを楽しみにしています」とコメントしている。

なおバイナンスの広報担当者は「BinanceはDEXも運営しており、定期的なオークションを利用してそのプラットフォーム上で注文を成立させているため、マーケットメーカーとテイカーの概念を奪っていることは注目に値します。そしてBinanceが分散型プラットフォームではなく、中央集権型の取引所でAMMプールを立ち上げた理由は、Binance Liquid Swapがユーザーに簡単に稼げる力を提供するという意味で、分散型のAMMプールに似ていますが、中央集権型の取引所を利用することを好む別のグループのユーザーを対象としているからです」とThe Blockに答えている。

編集部のコメント

自動マーケットメーカー(AMM)には主に2つのタイプがあります。1つはプロのマーケットメーカーがプログラムに基づき管理・設定するものです。もう1つは設定されたアルゴリズムによって完全に自動化されており、市場のあらゆるユーザーがスマートコントラクトを通して市場へ参加する仕様になっています。後者にはDeFi(分散型金融)プロトコルとして台頭しているKyber Network、Unniswap、Balancer、Curveなどが挙げられます。現状のDeFiのAMMとBinance Liquid Swapの違いは、マーケット参加者の違いではないでしょうか。

DeFiでは個人投資家を中心にマーケットが構成され、バイナンスでは機関投資家を含んだプロ投資家がマーケットを構成していくのではないかと考えられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/RomanOkopny・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。