バイナンスが自動マーケットメーカー「Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)」をローンチ

バイナンスが自動マーケットメーカー「Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)」をローンチ

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、流動性プロバイダーが取引手数料から利子と収入を得ることを可能にする自動マーケットメーカー(AMM)プール「Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)」の提供を開始したことを9月4日に発表した。

流動性プロバイダーとは金融商品の取引流動性を高める役割を果たす企業群のこと。マーケットメーカーとは流動性を提供しマーケットがスムーズに機能することを目的に、特定の資産を大量に売買するマーケット参加者のこと。そして自動マーケットメーカー(AMM)は金融商品の上場プロセスや取引に関する注文をアルゴリズムに基づき流動性プールと連動させて、マーケットを作る役割を果たす。

Binance Liquid Swapはローンチ時に流動性プロバイダーのために「USDT/BUSD、BUSD/DAI、USDT/DAI」の3つの取引ペアをサポートするとのこと。ただ金利と取引手数料収入額は明らかになっていない。バイナンスの広報担当者によれば流動性プロバイダーのための金利と手数料収入は、流動性プールの規模と取引量に応じて柔軟に対応していくとのことだ。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏は「私たちは中央集権化されたAMMプールを通じて、DeFi市場のさらなる成長を願っています。DeFi商品がより多くの取引量と参加者を引き付ける中で、インスタント・スワップの流動性を提供できることを楽しみにしています。そして私たちのコミュニティに利益をもたらすインセンティブのあるプール設計で、コミュニティからの利益を得ることを楽しみにしています」とコメントしている。

なおバイナンスの広報担当者は「BinanceはDEXも運営しており、定期的なオークションを利用してそのプラットフォーム上で注文を成立させているため、マーケットメーカーとテイカーの概念を奪っていることは注目に値します。そしてBinanceが分散型プラットフォームではなく、中央集権型の取引所でAMMプールを立ち上げた理由は、Binance Liquid Swapがユーザーに簡単に稼げる力を提供するという意味で、分散型のAMMプールに似ていますが、中央集権型の取引所を利用することを好む別のグループのユーザーを対象としているからです」とThe Blockに答えている。

編集部のコメント

自動マーケットメーカー(AMM)には主に2つのタイプがあります。1つはプロのマーケットメーカーがプログラムに基づき管理・設定するものです。もう1つは設定されたアルゴリズムによって完全に自動化されており、市場のあらゆるユーザーがスマートコントラクトを通して市場へ参加する仕様になっています。後者にはDeFi(分散型金融)プロトコルとして台頭しているKyber Network、Unniswap、Balancer、Curveなどが挙げられます。現状のDeFiのAMMとBinance Liquid Swapの違いは、マーケット参加者の違いではないでしょうか。

DeFiでは個人投資家を中心にマーケットが構成され、バイナンスでは機関投資家を含んだプロ投資家がマーケットを構成していくのではないかと考えられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/RomanOkopny・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored