台湾のブロックチェーンセキュリティ企業CoolBitX(クールビックス)とイギリスの暗号資産取引の解析企業Elliptic(エリプティック)が提携

台湾のブロックチェーンセキュリティ企業CoolBitX(クールビックス)とイギリスの暗号資産取引の解析企業Elliptic(エリプティック)が提携

ブロックチェーンのセキュリティ基盤を提供するCoolBitX(クールビックス)と暗号資産(仮想通貨)のマネーロンダリング対策ソリューションを提供するElliptic Enterprises(エリプティックエンタープライズ)がFATF(金融活動作業部会)のトラベルルールの準拠に向けたサービスの連携を目指し、パートナーシップを締結したことを7月21日に発表した。

FATFとはマネーロンダリング対策(AML)やテロ資金対策(CFT)に取り組む政府間機関。そしてFATFが定めるトラベルルールとは、マネーロンダリング防止のための電信送金に関するルールのことだ。

このトラベルルールでは、取引所などの仮想資産サービスプロバイダー(VASPs)は高額の取引が行われる場合に送信者と受信者の正確な顧客情報をFATFに共有しなければならないと定められており、VASPsは2021年6月までにこのルールに対応する必要がある。

こうした背景を受け両社は、CoolBitXが提供するVASPs間の顧客情報の収集や共有を安全に行うためのツール「Sygna Bridge(シグナブリッジ)」と、Ellipticが提供する暗号資産取引の分析や評価を行うためのツール「Navigator(ナビゲーター)」「Lens(レンズ)」を連携することで、暗号資産を扱う企業のAML規制への対応を支援するソリューションを提供するとのことだ。

なおCoolBitX、Elliptic両社ともにSBIグループから多額の出資を受けている。

SBIホールディングス株式会社の代表取締役社長である北尾吉孝氏は「SBIホールディングスはクールビットエックスとエリプティックのパートナーシップについて大変嬉しく思っております。また、金融機関として、ブロックチェーン技術と暗号資産の活用を促進するにあたり、規制遵守と企業間の協業が重要であると認識しています。今回、Sygna Bridge(シグナ・ブリッジ)とエリプティックのリスク管理ツールが組み合わされることにより、業界初となるFATFのガイダンスに準拠したコンプライアンス対応を可能とするパッケージソリューションが取引所に対して提供されます」とコメントしている。

編集部のコメント

CoolBitXは2014年に創業した台湾を拠点とする企業です。ブロックチェーン上の取引に関するセキュリティ分野に強みを持っており、Bluetooth対応のカード型コールドウォレット「CoolWallet S」や、仮想資産サービスプロバイダー(VASP)間における顧客情報の共有を可能とする「Sygna Bridge」が代表的なプロダクトとなっています。またCoolBitX社は、2020年2月にSBIクリプトが主導したシリーズBラウンドで約18億円を調達しています。

Ellipticは2013年に創業したイギリスを拠点とする企業です。暗号資産の不正取引を阻止することをミッションに掲げ、金融機関や暗号資産を扱う企業のAML/CFTなどの規制対応を効率的に促進するために、取引データから不正なトランザクションを検出するツールを提供しています。同社は2019年9月にSBIインベストメントが主導するシリーズBラウンドで約24億円を調達しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor・Lidiia-Moor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。