(LayerX中村氏、福島氏のコメントあり)LayerXがリードリサーチャー中村龍矢氏を執行役員に選任

LayerXがリードリサーチャー中村龍矢氏を執行役員に選任

ブロックチェーン・テクノロジー関連事業を展開する株式会社LayerX社が、リードリサーチャーの中村龍矢を執行役員に選任したことを発表。中村氏は1997年生まれ。

中村氏が所属しているLayerXのR&Dチームはこれまでに研究開発として、Zerochain(秘匿送金ブロックチェーン)やCordage(異なるブロックチェーンを接続するモジュール)などをオープンソースソフトウェア(OSS)として公開してきた。また現在開発中のものも複数あるとのこと。

あたらしい経済は中村氏とLayerX CEOの福島良典氏へ取材を行った。

Q.中村氏は1997年生まれで、非常に若手だと思います。若手に向けて、中村氏からブロックチェーンという新しいテクノロジーに飛び込む意義や可能性に関して、どのようにお考えでしょうか?

中村氏「若い時にどの業界に行くかや、特にエンジニアにとって最初にどんな技術に触れるかはキャリア上とても重要な選択肢と考えている方が多いのではないかと思います。その点ブロックチェーンは正直リスクの大きな業界・技術ですが、その分パイオニアとして若者でも新分野を切り拓けるチャンスがあります。また、ブロックチェーンとはいえ要素技術は暗号と分散システムといった普遍的なものが多く、さらに、ビジネスでブロックチェーンを進める時は常に既存のシステムに関する深い理解が伴いますので、この業界で本気で働いた経験はその後色々な分野で活きると思います

Q.多くの経営者にとって、圧倒的に実力のある若手でさえも企業の重役に選任する経営判断は非常に難しいことだと思います。そのような背景を踏まえて、LayerX社として、中村氏を執行役員として選任した決め手はなんでしょうか?

LayerX CEO福島良典氏「今回の中村への人事の意図としては二つあります。一つはLayerXは技術の会社なので、R&Dの責任者が経営メンバーにいるべきであるということ。もう一つは年齢、性別、経歴によらず、実力が有りふさわしいマインドを持っている人を抜擢するというものです。中村は、インターン時代から飛び抜けた地頭と、ビジネス視点を持った意思決定ができていた稀有な人材です。2019年には日本で初めてEthterum Fundationのgrantを獲得するなど、ブロックチェーン領域で世界的なR&Dの成果を上げています。今回の人事を持ってLayerXのR&Dチームをより拡充していくことに加え、経営レベルでの意思決定にも参画してもらいます。LayerXでは年齢、性別、経歴によらずインターン生からでも経営メンバーになり、影響力を発揮していく、そんな会社を体現する存在であってほしいと考えています」

編集部のコメント

中村氏は、LayerX創業時より参画し、ブロックチェーンの基礎技術の研究を行う。EthereumのPoSプロトコル Casperのコアリサーチャーを務め、日本拠点のチームとしては初めてEthereum Foundationのグラントプログラムに採択されました。EthereumのプロトコルアップグレードプロジェクトEthereum 2.0では脆弱性を複数発見し、その解決策は公式の仕様に採用されています。

またCBC Casperの形式的検証に取り組み、その論文はCBC Casperに関する論文として世界で初めて査読付き国際学会に採択されています。このようにブロックチェーン領域でアカデミアとして成果を上げてきた中村氏が執行役員としてどのようにアカデミアとビジネスを融合させていくのか、非常に楽しみです。

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。

ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ

米総合メディア企業ワーナーメディア(Warner Media, LLC)の子会社であるターナースポーツ(Turner Sports)がブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチしたことを9月16日発表した。なおこのプラットフォーム初のゲームタイトル「Blocklete Golf」のローンチも併せて発表されている。