Paxosがプライベートブロックチェーン利用の有価証券決済サービス「Paxos Settlement Service」を開始

CBSGコンソーシアムメンバーがキャリア間決済システムの実証実験に成功

Paxos Trust Companyが、Paxos Settlement Serviceを開始したことを2月20日プレスリリースにて発表。

Paxos Settlement Serviceは、プライベートブロックチェーンを利用した有価証券取引の決済をリアルタイムで行うことができるサービス。

同発表によると、既に同サービスはCredit Suisse(クレディ・スイス)と野村グループのInstinet.LLC(インスティネット)の2社が利用しており、米国で上場している株式取引を決済できるようになっているとのこと。そしてSociété Générale(ソシエテ・ジェネラル)社が同サービスの利用を予定しているとのこと。

またPaxos社は、証券会社間の全ブローカーディーラーに同決済サービスを提供するために、米国証券取引委員会(SEC)へ決済機関としての登録申請を提出するとのこと ・なお昨年10月にPaxos社は、SECから「No-Action Letter」を受け取り、ブロックチェーンを基にした新たな決済サービスの実証実験を行う許可を得たことが報じられていた。

編集部のコメント

No-Action Letterとは、企業などの団体が米国証券取引委員会(SEC)に対し、具体的行為について連邦証券諸法に違反するかどうか照会を求めたとき、SECのスタッフが独自の見解として回答する非公式な手続きのことです。No-Action Letterの目的は、企業がSECの制裁発動の可能性を合理的に排除するためと、低コストでSECのアドバイスを求められる機会が提供されることです。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:ririe777)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/7話題】バイナンスチェーンが一時停止、フルグルがDiamond Hands支援など(音声ニュース)

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル、【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援、【取材】LINEやOasys参加、ミシカルゲームズが財団と独自トークン「MYTH」とDAO発表、MakerDAO、DAIの裏付け資産5億ドル分を米国債・社債に投資へ、暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達、ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得、ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ、ニアプロトコル(NEAR)、グーグルクラウドと提携、Bリーグ「香川ファイブアローズ」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored