KPMGがブロックチェーンベースのトレーサビリティシステムをオーストラリアと中国と日本でローンチ、アリペイとFinablrがパートナーシップ提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

KPMGがブロックチェーンベースのトレーサビリティシステムをオーストラリア、中国、日本でローンチ

・監査法人であるKPMGがブロックチェーンベースのトレーサビリティシステムをオーストラリア、中国、日本でローンチしたことを、Ledger Insightが明らかにした

・このシステムの名称はKPMG Origins。このシステムはブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)センサー、データおよび分析ツールを活用して、多くの業界に透明性と追跡可能性を提供する

・実際に、KPMGのソリューションを試用している組織には、オーストラリアのサトウキビ生産者の団体であるカングロウワーズ(CANEGROWERS)、オーストラリアの食品輸出業者サンライス(SunRice)、ブドウ園のミッシェル・ワインズ(Mitchell Wines)などが存在する

・KPMGオーストラリアの顧問兼パートナーのケン・レイド(Ken Reid)氏は「農業から金融サービスまで、サプライチェーンエコシステムの複雑さは、運用リスク、和解の課題、および安全性の懸念を生み出します。そしてKPMG Originsの目標は、データとプロセスの独立したサードパーティによる検証と認証を提供することにより、これらの問題を解決することです」とLedeger Insightの取材に答えている

アリペイと外国為替グローバルプラットフォームであるFinablrがパートナーシップ提携

・アリペイ(Alipay)と外国為替のグローバルプラットフォームであるフィナブル(Finablr)が包括的なサービスを世界中の消費者に提供するためのクロスボーダー送金システムのグローバルパートナーシップを締結したことを発表

・この提携により、アリペイのユーザーは、フィナブル(Finablr)の170か国以上とのタッチポイントであるXpress Money、Travelex、Unimoni、UAE Exchangeなどのブランドを通じて送金にシームレスにアクセスできるようになった

・第1フェーズであった、フィナブル(Finablr)プラットフォームとアント・フィナンシャル(Ant Financial)の送金システムの統合に成功。そしてフィナブル(Finablr)のグローバルネットワークを通じてシームレスな送金を促進した。 この提携は、アリペイのグローバルeウォレットパートナーを含むアントフィナンシャル(Ant Financial)のエコシステム送金ネットワークへの送金サービスの拡張を検討しているとのこと

・フィナブル(Finablr)のグループCEO、プロモス・マンガット(Promoth Manghat)氏は「成長するパートナーにアリペイ(Alipay)を迎え入れることを嬉しく思います。 私たちは共に、国境を越えた支払いニーズへのアクセスと利便性を強化することで、数十億人の消費者の経済的願望を強化することを目指しています。 私たちは補完的な能力の上に構築し続け、さらなる機会でアリペイ(Alipay)と協力することを楽しみにしています。」とコメント

・アリペイのグローバル送金ビジネストップであるクララ・シィ(Clara Shi)氏は「世界中のより多くの人々に利益をもたらすために、当社のテクノロジーを適用する新しい方法を模索し続けているため、グローバル送金のためにフィナブル(Finablr)と提携できることを嬉しく思います。たとえば現在アリペイ(Alipay)が開発したブロックチェーンテクノロジーを使用して、eウォレットパートナーであるAlipayHKとGCashの間でブロックチェーン送金サービスを開始し、香港とフィリピン間の24時間のリアルタイム転送を提供しています」とコメントしている

BiiLabsがYallvendと協業し、スマート自動販売機のモバイル決済システムにブロックチェーンを活用したデジタルIDを採用

・ブロックチェーン企業BiiLabsが、スマート自動販売機の開発を手がけるYallvendと協業したことを発表

・この協業により、スマート自動販売機のモバイル決済システムに、非中央集権型のデジタルID「Decentralized Identifiers(DIDs)システム」が組み込まれる。なお同システムはブロックチェーンIOTA Tangleが活用されている

・BiiLabsは、台湾のIOTAブロックチェーンを活用する企業で、ブロックチェーンの社会適用を促進する国際標準化組織「INATBA」に加盟している ・DIDsシステムによって、安全で信頼性の高いID認証が可能となり、年齢制限付き商品の自動販売機での販売が可能になるとのこと

・Yallvendの開発したスマート自動販売機はモバイル決済が可能で、モバイル決済システムとBiiLabsの開発するID認証システムを統合する事で、ユーザーは商品購買時に自分のスマートフォンを用いた本人認証が可能になる

・DIDsシステム上では、各ユーザーの署名付きシリアル番号が生成され、決済確定前にタイムスタンプ付き領収書を生成し、改ざん不可能なID・日時・位置情報データを自動販売機に送信がされるとのこと ・同機能は、従来の自動販売機の既存システムを再設計する事なく導入する事が可能とのこと

・YallvendのCEOであるDuncan Huang氏は、「各国の政府は、タバコやアルコール等、法規制の対象となる商品を自動販売機で販売する際の、新たなID認証システムを求めています。しかしながら、IDカードや身分証は各国で異なるため、今までベンダーが開発に多くの投資を行っても、各国の法規制を全てフォローする事は不可能でした。BiiLabsの開発するDIDsシステムを統合する事で、これらの課題をクリアする事ができます。このシステムはベンダーのコストを最小限にしつつ、また各国で互換性のあるID認証を可能にするのです」とコメントしている

クリプトゲームスがコインチェックとコラボキャンペーン実施

・クリプトゲームス株式会社が、同社運営のブロックチェーンゲーム「Crypto Spells」において、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引サービス「Coincheck」とのコラボキャンペーンを実施することを発表

・Coincheck及びCrypto Spellsユーザーのうち、参加条件を満たした全ユーザーに「Crypto Spells」で使用できるデジタルトレーディングカード「クリスマス スノーマン(シルバー)」がプレゼントされ、さらに抽選で30名に「クリスマス スノーマン(ゴールド)」がプレゼントされるとのこと

・参加条件は、キャンペーン期間内にCrypto Spellsを開始しているユーザーで、CoincheckからCrypto Spellsで使用しているウォレットアドレスにETHを入金し、0.1ETH以上のCrypto Spells内通貨であるSPLを購入し、申請フォームより(コインチェックユーザーID、クリスペユーザーID)を申請をしたユーザーが対象となる

・なおキャンペーン期間は、12月1日12:00~12月31日12:00となっている

・またキャンペーンツイートをリツイートしたクリスペユーザーに対し、抽選で20名にAmazonギフト券2000円分がプレゼントされる

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,Kochakorn-Wannanit)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。