デジタル資産基盤「Progmat」、セキュリティトークン取扱金額1000億円超に。三菱商事が市場参入

プログマのST取扱金額が1000億円超に

Progmat(プログマ)社がライセンス提供するデジタルアセット発行・管理基盤「Progmat(プログマ)」を活用したセキュリティトークン(ST)の取り扱い金額が1,000億円を超えた。

三菱UFJ信託銀行は、ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント(DREAM)及び大和証券と、「プログマ」を活用した不動産STの公募に関する協業と募集・発行の完了を1月31日に発表した。

この発表によると今回のST発行により、「Progmat」を活用した公募事例は20事例となり、原簿管理対象資産残高は約1,026億円になったとのことだ。

なおDREAMは、三菱商事の100%子会社として主に不動産私募ファンドの組成・運用を行う企業だ。今回の不動産ST発行により、三菱商事が5大商社として三井物産、丸紅に続いてST市場に参入した。

今回発行されたSTは、東京・大阪に立地する学生レジデンスの不動産受益権を信託財産として受益証券発行信託を組成し、その受益権に係る証券情報・取引情報を「Progmat」を用いて管理する不動産STとのこと。

このSTの公募での発行額は35億円とのことだ。

「プログマ」は、セキュリティートークン(ST)用のインフラ「Progmat ST」の他、ユーティリティトークン(UT)用のインフラ「Progmat UT」とステーブルコイン(SC)用のインフラ「Progmat Coin」にて構成されている。

「Progmat ST」においてはエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ」が、「Progmat UT」では同じくエンタープライズ向けブロックチェーン「Quorum(クオーラム)」が採用されている。また「Progmat Coin」ではEthereum(イーサリアム)やPolygon(ポリゴン)等、複数のパブリックブロックチェーンを利用するマルチチェーン対応のプラットフォームとなっている。

※2/1 17:30タイトルと内容の一部を変更しました。

関連ニュース

参考:プログマ
images:iStocks/Sergey-Khakimullin

関連するキーワード

#ST

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論