アバランチ上のミームコインを購入する際の資格基準が公開

アバランチ財団がミームコインの資格基準フレームワーク発表

アバランチ(Avalanche)チェーン上のミームコイン支援を目的としたプログラム「カルチャーカタリスト(Culture Catalyst)」にて、ミームコインが同プログラムに選定される際の資格基準フレームワークが1月23日アバランチ財団(Avalanche Foundation)より発表された。

「カルチャーカタリスト」は、昨年アバランチ財団によって立ち上げられたプログラムだ。

同プログラムでは、アバランチ財団が運営・開発を支援するレイヤー1ブロックチェーンであるアバランチ上で発行された、ミームコインやNFTなどのトークンを「コミュニティコイン」として捉え、プログラム内でその「コミュニティコイン」を厳選して購入するとのこと。

アバランチ財団はミームコインについて「ユーモアやバイラリティにとどまらず、エンゲージメントやコミュニティ精神、文化を生み出す為、高いコミュニティ価値を持っている」と発表にて説明している。

なお「カルチャーカタリスト」でミームコインが「コミュニティコイン」として選定される為には、アバランチ財団が独自の裁量で決めた資格基準を満たしている必要があるという。

具体対的な資格基準としては、「トークンコントラクトの所有権放棄や200,000ドル以上の流動性が確保されている」、「2,000人以上がトークンを保有している」、「トークン供給量の大部分をクジラが所有していない」、「最低1ヶ月間プロジェクトが存続している」、「プロジェクトの時価総額が100万ドル以上ある」といった要件などが挙げられている。

しかしアバランチ財団によると、必要に応じてこれらの資格基準は変更される場合があり、またミームコインがこれらの資格基準を満たしている場合でも「コミュニティコイン」に選定されるとは限らないとのことだ。

関連ニュース

参考:アバランチ財団
images:iStocks/dalebor・olegback

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道