テンセントがブロックチェーン基盤の「バーチャルバンク」開設予定、a16zがCrypto Startup School開講を正式発表、コインチェックがステラのバーンについて関連性を否定などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

テンセントがブロックチェーン基盤の「バーチャルバンク」を開設予定

・テンセントが香港証券先物委員会(SFC)が新しいライセンスを承認したのち、ブロックチェーン基盤のバーチャルバンクをオープンする予定であることが、先週末に中国で開催されたWorld Blockchain Submitのセッションで明らかになった

・登壇したのはテンセントのBlockchain事業リーダーのCai(カイ氏)である

・セッションの中でカイ氏は「デジタル資産取引に関する香港の新しい規制と監督は、ブロックチェーン技術とデジタル資産の重要性を検証してくれます。香港の新たな動きというのは、ブロックチェーン業界全体にとって朗報だと考えています」と話した

・Cai氏は、スピーチでテンセントのブロックチェーン基盤のバーチャルバンクの詳細には触れなかったが、マクドナルドへのサプライチェーンファイナンスの提供など、テンセントの既存のブロックチェーンプロジェクトを強調していたとCoindeskは伝えている

a16zがCrypto Startup Schoolの開講を正式発表

・a16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)が米国時間11月8日にCrypto Startup Schoolを正式に立ち上げた。すでに参加希望者から願書を受け付けており、受付期間は4週間となっている。参加には、ソフトウェア開発の経験者であることが条件となっている

・この事業でa16zは、仮想通貨のマスアダプションを狙っている。a16zのジェネラルパートナーであるディクソン氏とa16zのチームは暗号通貨とブロックチェーンに7年間関わっていて、その知見を参加者に共有していく

・Crypto Startup Schoolは2020年2月21日から4月3日まで開講され、授業料は無料。授業は、シリコンバレーのメンローパークで行われる。a16zはすべての授業を録画する予定で、参加者の誰もがそのビデオを見たり、スクールのカリキュラムや教材をダウンロードできる仕様にする

・授業内容は、「暗号通貨のネットワークとは何か、なぜそれが重要なのか?ブロックチェーンコンピューティングの基礎: 暗号技術とコンセンサス、アプリケーション開発ツールの概要、アプリケーションの現状と2025年、暗号通貨のビジネスモデル、暗号通貨の経済学、ユーザー体験、製品開発、セキュリティ、マーケティングとデベロッパーリレーション、コミュニティと参加と統治、規制の現況と配慮、資金調達ガイド」となっている

コインチェックが、ステラのバーンと取り扱い開始についての関連性を否定

・コインチェック株式会社が、Stellar Lumens(XLM)の取り扱い開始にあたり、同仮想通貨が事前にBurnされることを把握していなかったと、公式Twitterアカウントにて表明 ・同社は、同社運営の仮想通貨取引所CoinCheckにて、11月12日よりStellar Lumens(XLM)を新規に取り扱うことを11月1日発表していた

・取り扱い発表後、11月4日にStellar Development FoudationがStellar Lumensの全発行量の約52%、550億XLMをBurnしたことが明らかになった

・コインチェック株式会社は同件に関して、「さまざまな臆測がなされておりますが、本件について当社が事前に把握していた事実はなく、一切関連はございません。」と表明

・また、「XLMの取扱いに関して、当社から情報が漏洩しているとのご指摘をいただき、社内でも検証を行っておりましたが、現時点でそのような事実は確認できておりません。」とも表明をしている

ヴィチェインが独自ブロックチェーンを活用した食品トレーサビリティプラットフォーム「Foodgates」を発表

・VeChain Foundationが、ブロックチェーンを活用した食品・飲料業界向けのトレーサビリティプラットフォーム「Foodgates」を開発したことを発表

・「Foodgates」は、VeChain Foundation独自のパブリックブロックチェーン「VeChainThor(ヴィチェインソー)」基盤で作られており、VeChainと戦略的パートナシップを締結している、DNV GLとASI Groupの協力のもと開発されたとのこと

・同プラットフォームは、中国政府が貿易自由化・経済グローバル化支援のため主催したイベント「中国国際輸入博覧会(CIIE)」において明らかにされた

・さらに仏 エマニュエル・マクロン大統領と中国 習近平主席が11月5日に出席した試食会において、マクロン大統領が紹介した牛肉の輸入に同プラットフォームが利用されたとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックが決済専門グループ「Facebook Financial」発足、Dapper LabsがNBA選手やCoinbaseなどから1200万ドル資金調達などから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足、ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達、慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足

フェイスブックが決済やコマースの機会を追求するための新しいグループ「Facebook Financial」の発足を発表したとBloombergが報じた。「Facebook Financial」はフェイスブック社内ではF2と呼ばれていて、責任者にはフェイスブックらの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトLibra(リブラ)の責任者でもあるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏が着任したとのことだ。このグループは「Facebook Pay」「Novi」「WhatsApp」など決済プロジェクトを担当するようだ。

慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターとInstitution for a Global Society株式会社(IGS)が、ブロックチェーン技術を用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始したことを8月11日発表した

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手のSpencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏、 Andre Iguodala(アンドレ・イグオダラ)氏、Coinbase Venutresなどから1200万ドルの資金調達を行ったことを発表した。この資金調達の目的は独自ブロックチェーン「FLOW」開発のためとのことだ。今回の資金調達に参加したSpencer Dinwiddie氏は暗号資産に非常に明るいNBA選手。自身のシューズブランド「K8IROS」では暗号資産決済を取り入れていたり、2020年1月にはセキュリティートークン関連企業「Securitize」とデジタルトークンを発行をしたりしている。

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のBC技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達、中国の主要な国有商業銀行がデジタル人民元(DCEP)のウォレットアプリケーションの内部テスト開始か、日本政府がブロックチェーンでASEANの貿易基盤のデジタル化を支援

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに

ゴールドマンサックスのデジタルアセットのグローバル責任者であるMathew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏が、同行のブロックチェーン技術へのインサイトとビジョンに関してCNBCのインタビューで語った。McDermott氏はそこでゴールドマンサックスが独自デジタル通貨発行の可能性も示した。