NFTを全国約1000か所の自販機で販売へ、24karatが大都市圏ターミナル駅や大型商業施設で

24karatが1000台の自販機でNFT販売へ

24karatが、全国に配置された最大約1000台の自動販売機を通じてNFTを販売することを12月22日発表した。

大都市圏ターミナル駅や大型商業施設、ゲームセンター、ネットカフェ等に配置されているサイネージ型IoT自販機「AIICO(アイコ)」を用いて、月間延べ人数1億人以上にアプローチするという。

なお販売するNFTは、人気コンテンツだけでなく新規プロジェクトを含めたプレミアムなものになるとのこと。

同NFTは2024年2月よりテスト販売を開始するという。既にクローズドの案内を開始しており第1弾の販売が決定しているとのことだ。

今回NFTを販売する自販機「AIICO」では、利用者が購入するNFTを自販機で選択し、表示されたQRコードをスマートフォンでスキャンし、決済をスマートフォン上で行うことで、NFTの購入が可能とのこと。WEBアプリ上でNFTミントを完結させてウォレットに格納するという。

なおここで利用するウォレットは24karat提供の利用総数13万人超のデジタルウォレット「24karat ウォレット」となる。NFTによっては2次流通も可能とのことで、希望するNFTクリエイターにはアプリ上からmetamask(メタマスク)等のウォレットへのNFT移転のユーザー導線も提供しているという。これにより移転を通じたNFTマーケットプレイスでの2次販売も可能とのことだ。

なお24karatで取り扱うNFTはFlow(フロウ)ブロックチェーン上にミント(発行/鋳造)されるものだ。なおFlowはNFTゲーム「NBA Top Shot」でも用いられているダッパーラボ(Dapper Labs)開発のブロックチェーンである。

「あたらしい経済」編集部が自動販売機の具体的な設置場所を24karatへ取材したところ、配置箇所の情報は準備中であるという。4大都市圏を中心に95%以上の都道府県に配置をするとのことで、今後マップ機能で案内をする予定とのことだ。

また販売するNFTについて聞いたところ、ライトユーザーへのなじみやすさを重視し、NFT IPの他アニメやゲームなどWEB2起点のIPも想定しているとのこと。販売するNFTの種類については、実証実験期間中であるため数を限定し、プレミアムなNFTのみになる予定とのことだ。

24karatは今年3月、ロッテベンチャーズ・ジャパン、XTech Ventures、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルを引受先とするプレシリーズAラウンドにて1.2億円の第三者割当増資を完了している。この調達により、累計調達金額は1.8億円になったとのこと。

また今年7月に24karatは「AIICO(アイコ)」を製造するアドインテと連携し、人気NFTプロジェクト「MEGAMI」の新作イラストNFTを新宿アルタに配置された同自販機で配布する実証実験を行っていた。

関連ニュース

images:iStocks/robbin0919・ablokhin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored