【12/11話題】プログマが大和証券・SBIR3とデジタル債の効率化検証、フィデリティが現物ビットコインETFでSECと会合など

web3ニュースをポッドキャストで!

ブロックチェーン・仮想通貨(暗号資産)・フィンテックについてのニュース解説を「あたらしい経済」編集部が、平日毎日ポッドキャストでお届けします。Apple PodcastSpotifyVoicyなどで配信中。ぜひとも各サービスでチェンネルをフォロー(購読登録)して、日々の情報収集にお役立てください。この番組は「CoinTrade」の提供でお届けします。

紹介したニュース

  • プログマが社債プレマーケティングシステム「ビアンカ」連携でデジタル債の効率化検証、大和証券・SBIR3と
  • 米フィデリティがSECと会合、現物ビットコインETF上場に関して
  • テザー社、米国で制裁対象の暗号資産ウォレットを凍結
  • ビットバンクにARB・OP・DAI・KLAY・IMX上場へ、オプティミズムは国内2例目
  • コインベースの米国外取引所、OP・ARB・ETCを無期限先物取引で取扱いへ
  • 日米韓、北朝鮮のサイバー脅威対策強化へ 安保担当高官が会談
  • ソラナのDeFi「Kamino Finance」、エアドロップに向けたポイントプログラム導入へ
  • ビットコインステーキングプロトコル「バビロン」が約26億円の資金調達、PolychainとHack主導で
  • 米IBM、企業向けの暗号資産コールドストレージソリューション販売開始へ

→それぞれの記事はこちらから

再生は以下から

Apple Podcast / Spotify /Voicy

※このブラウザで再生する場合は、以下の再生ボタンを押して10秒程度お待ちください。

番組スポンサーのご紹介

「CoinTrade」

「CoinTrade」は上場企業グループで金融庁登録済みの暗号資産販売所。トレードはもちろん、預けるだけで暗号資産が増やせるステーキングサービスでは、国内最多の10銘柄を取り扱っています。そして期間限定で、無料口座開設で2000円相当の暗号資産が貰えるキャンペーンや、初めてのステーキングサービス申し込みと取引で2,000円相当のAVAXが貰えるキャンペーンを開催中。今なら合計4,000円相当の暗号資産が貰えるチャンスです。詳細はこちらをチェック! ステーキングなら「CoinTrade」!

→「CoinTrade」の口座開設やステーキングはこちらから

オープニング曲:小林未季

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している