[締切間近] 熊本県主催「NFT×球磨焼酎」イベントがリアルとメタバース開催!リアル会場では試飲会も(12/13 18:30-)

熊本県主催「NFT×球磨焼酎」イベントがリアルとメタバースで12/13開催!

熊本県のDX公募型実証事業の一つ「NFT・メタバースを活用した球磨焼酎のブランド力向上」の取組みの一環として、案内人が語る球磨焼酎の魅力紹介や、web3や地方創生の先駆者によるトークセッション、さらには様々な球磨焼酎の試飲もできるイベントが12月13日に開催される。熊本県主催で、イベント企画・運営をみずほ銀行が実施するイベントだ。

このイベントは熊本県のオフライン会場とメタバース空間でのハイブリッド開催となる。参加費はオフライン、メタバースともに無料で、先着順の事前申し込み制だ。

当日、吉本興業 兼 球磨焼酎大使の安井政史氏と林酒造場 次期・16代目の林浩平氏の『案内人と蔵元次期当主が語る「球磨焼酎の魅力とは」』をテーマにしたトークセッションが開催される。

またAstar Network Core Team 兼 Startale Labs Japan CEOの海老島幹人氏、ピハナコンサルティング 代表取締役 兼 琉球びんがた普及伝承コンソーシアム 東京事務所代表の岡本幸樹氏、みずほフィナンシャルグループ 次長の多治見和彦氏、あたらしい経済編集長の設楽悠介による、『地方創生×web3の可能性』をテーマにしたパネルディスカッションも開催される。

なおイベントへの参加特典として、オフライン参加の場合は、会場で本実証事業で実際に入手できる焼酎を試飲することができる。またオフラインとメタバース共に、このイベント参加者には、参加者限定NFT(パーツNFT D)が配布される。

球磨焼酎の魅力に触れながら、web3の将来性を感じられるイベントだ。お近くの方はぜひリアルでのご参加、そして遠方の方はメタバース会場に是非足を運んでいただきたい。

イベント概要

DX実証事業「NFT・メタバースを活用した球磨焼酎のブランド力向上」メインイベント~球磨焼酎試飲会同時開催~

○開催日時 12月13日(水) 18:30~20:00
○開催場所 熊本現地会場:スタートアップ ハブ くまもと 3F/4F
〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1丁目9-9 肥後銀座通ビル)
メタバース空間:ASTARホール(New World Labが運営するCOSMIZEが作成)
YouTube Live:視聴リンクは後日ご登録していただいたメールアドレスに送信いたします
○参加費 無料
○定員 スタートアップ ハブ くまもと:60名/ASTARホール:100名
○締切 2023年12月11日(月)12:00〆

参加申し込みはこちら

「NFT・メタバースを活用した球磨焼酎のブランド力向上」メインイベント参加希望フォーム

イベントの詳細はこちら

イベントのアジェンダ/登壇者

18:30~18:35 開会の挨拶

18:35~19:15 案内人と蔵元次期当主が語る「球磨焼酎の魅力とは」
【吉本興業】兼【球磨焼酎大使】安井政史
【有限会社林酒造場 / 次期・16代目】林浩平

19:15~19:55 パネルディスカッション「地方創生×web3の可能性」
【株式会社幻冬舎 / 「あたらしい経済」編集長】設楽悠介
【Astar Network Core Team】兼【株式会社Startale Labs Japan / CEO】海老島幹人
【株式会社ピハナコンサルティング / 代表取締役】兼
【一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム / 東京事務所代表】岡本幸樹
【株式会社みずほフィナンシャルグループ / 次長】多治見和彦

19:55~20:00 閉会の挨拶
【株式会社みずほフィナンシャルグループ / 次長】多治見和彦

(上記アジェンダ:敬称略)

お問い合わせ先など

本件に関するお問合せは、以下メールまで。
kumashochu@bluelab.co.jp

※20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方が現地で参加する場合は球磨焼酎の試飲体験はお断りさせていただきますので、予めご了承ください。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【随時更新】2024年 暗号資産/ブロックチェーンなどWeb3領域の主要カンファレンス日程まとめ

今年2024年も国内外で様々な暗号資産(仮想通貨)/ ブロックチェーンなどWeb3領域のカンファレンスの開催が予定されています。この記事では今年の主要なイベントについてご紹介します。今後こちらの情報も随時更新していく予定です。ぜひブックマークしてご利用ください(最終更新2024年1月26日)。

HTXが「HTX DAO」ローンチ、ガバナンストークン「HTX」も発行へ

海外暗号資産(仮想通貨)取引所のHTXが、HTX DAOの設立およびガバナンス機能付きプラットフォームトークン「HTX:HTX DAO」を発行し、独自に発行しているプラットフォームトークンである「HT:Huobi Token」からの移行を発表した。HTX DAOは1月18日に設立され、トークンの移行に関しては1月20日に発表されている

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS」2/6開催、クリプトリエ新サービス発表も

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS 2024 produced by cryptolier」が、東京ミッドタウン日比谷で2月6日に開催される。web3に関するコンサルティングや開発事業を手掛ける、株式会社クリプトリエが「NFTのビジネス活用を”今”からはじめよう」をテーマに主催するイベントだ。

渋谷がアートとテックに染まる3日間「DIG SHIBUYA」1/12~14開催、回遊型NFTスタンプラリーや移動式参加型アートなど

テクノロジーとアートを掛け合わせた最新カルチャーを体験できる回遊型のイベント「DIG SHIBUYA(ディグシブヤ)」が、2024年1月12〜14日の3日間開催される。SHIBUYA CREATIVE TECH(SCT)実行委員会が主催、渋谷区が共催のイベントだ。

Web3メディアに携わってきた3人が来年のトレンド大予想!「EXODUS」公開収録 & Centrum 大忘年会 12/23 開催

「あたらしい経済」編集長の設楽悠介と、元コインテレグラフジャパン編集長で、現在 dYdX Foundation Japan Lead を務める大木悠氏の人気ポッドキャスト番組「EXODUS」。この番組の公開収録イベントが、 12/23(土)夜に渋谷  Centrum で開催される。

日本のWeb3の未来を一緒に盛り上げたい。Web3ウォレット開発の「Blocto」が日本参入で目指すこと(郭巧童 / カク・ナオカ)

Bloctoは、今年日本支社を立ち上げた。今回「あたらしい経済」ではBlocto日本事業開発責任者である郭巧童(カク・ナオカ)氏を取材。郭氏に、日本の市場をどう捉えているのか、そして今後どのようなサービスを展開していくのか、ウォレットのアップデートなどの最新情報も含めて、語っていただいた。

Sponsored