Libra責任者「Libraへの誤解」へ言及、富士通研究所がブロックチェーンでオンライン取引の本人確認技術開発、「SPEDN」がライトコイン対応などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Libra責任者が「Libraへの誤解」について言及

・Libraの責任者を務めているDavid Marcus氏が自身のFacebook内で「Libra, 2 weeks in」というタイトルでポストをした

・目的は、Libraに対するいくつかの質問や誤解に応えるためで、主な内容は「Libraは分散しているのか?」「FacebookとLibraの関係」について

・「Libraが分散しているのか?」に対して、デビッドは「LibraはLibra Networkを構築する上で、最初は信頼できる多くの企業とコンソーシアムを組成し、運営していくことが最も重要だと思っていました。そして、地理的には様々な箇所にある企業が連携を組んでいるので今も分散しているとは言えると思います。もちろんビットコインほど分散しているとは言えません。今後、Libraはより分散していく方向で推進していきます。」と投稿

・「FacebookとLibraの関係」については、デビットは「FacebookはLibraネットワーク、Libra、またLibraを支える準備金を管理しない。 Libra Associationの100以上のメンバーのうちの1つではあるが、Facebookに対して 特別な権利や特権はありません。」と投稿

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」の対応通貨にライトコイン追加

・米企業Flexaの仮想通貨決済アプリ「SPEDN」が対応通貨にライトコインを追加したこと発表

・これにより対応通貨は、現在取り扱いのあるビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ジェミナイドルに加え5銘柄となる

・同アプリは現時点で利用できる店舗が39,250店以上に拡大しており、スターバックスコーヒーやバスキン・ロビンスなど米大手企業15社で決済が可能になっている

・SPEDNの対応国は現在アメリカのみiOSにて利用が可能で、Androidについてはベータ版が7月9日にローンチ予定とのこと

米仮想通貨取引所GeminiがFINRAへライセンス申請

・米仮想通貨取引所GeminiがFINRA(金融取引業規制機構)へライセンス申請をしたことがコインデスクの報道で明らかに

・今回の申請は、顧客がデジタル証券(セキュリティトークン等)を取引できる認可された取引所になるための第一歩であるとのこと

・Geminiはデジタル証券プラットフォームであるHarborと提携し、独自のステーブルコイン ジェミナイドル(GUSD)をHarborプラットフォームで証券取引に使用することができるが、独自プラットフォームでも証券取引の促進をするねらい

・FINRAはこれまで、セキュリティトークンでも仮想通貨を扱う企業によるブローカーディーラーの申請には消極的な対応をしているとのことで、現在40件の申請を14ヵ月待たせているとのこと

IBMがブロックチェーンを活用した銀行保証処理を効率化するブロックチェーンプラットフォームのパイロット版をローンチ

・IBMがブロックチェーンを活用した銀行保証処理を効率化するブロックチェーンプラットフォーム「Lygon」のパイロット版をローンチしたことを発表

・Lygonにはオーストラリアの銀行3行(オーストラリア・ニュージーランド銀行、コモンウェルス銀行、ウエストパック銀行)と不動産運営会社センターグループが参加する

・初回の調査結果でLygonプラットフォームは、銀行保証処理にかかる時間を最長1か月短縮し、およそ同日中に処理できる可能性があることを示唆しており、何十億ドルにも及ぶ詐欺のリスクを軽減する可能性を秘めているとのこと

・パイロット版は7月3日から8週間、ライブデータと小売用不動産リース顧客のテストグループのためのトランザクションを実行し、今後はリテール不動産分野の顧客にサービスを提供し他の業界でもサポートの範囲を拡大する予定であるとのこと

富士通研究所がブロックチェーンでオンライン取引の本人確認技術「IDYX」を開発

・富士通研究所がオンラインの取引相手の信用を判断可能にするアイデンティティー流通技術「IDYX」を開発したことを、自社のプレスリリースで明らかにした

・プレスリリースによると開発背景として、近年シェアリングサービスやマッチングサービスなど、企業や個人の信用をもとにした新しいビジネスの形態が増えてきていて、このようなデジタルビジネスにおいて、サービス事業者や利用者の経歴または資格といった本人情報(アイデンティティー)を正確に相手に伝えることが重要になる、と記載されている

・IDYXのデータの流れは以下(1)信用トランザクションデータを生成(2)信用関係を分析(3)必要な本人情報のみを開示

・富士通研究所は「IDYX」をデジタルビジネスを支えるアイデンティティーの信用基盤サービスとして発展させ、金融をはじめ様々な分野で実証を進めていき、さらにブロックチェーン技術を活用したデータ活用のためのクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Data Service Virtuora DX データ流通・利活用サービス」の新機能として2019年度中の実装を目指しているとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国人民銀行がデジタル通貨発行へ向け銀行法改正の公開協議、露中銀総裁が21年末までにデジタル通貨試験導入可能性を示唆などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国人民銀行がデジタル人民元発行を目的に銀行法改正の公開協議開始、ロシア中央銀行総裁が2021年末までにデジタル通貨試験導入の可能性を示唆、米内国歳入庁(IRS)が2020年度の個人所得税申告書(Form1040)に暗号資産取引・保有の有無の記入欄を作成、慶応大や伊藤忠テクノらが卒業見込証明書などをスマートフォンアプリへ発行する次世代デジタルアイデンティティ基盤の実証実験開始

中国人民銀行がデジタル人民元発行を目的に銀行法改正の公開協議開始

中国人民銀行(PBoC)がデジタル人民元の合法化、人民元基軸のステーブルコインの流通を禁止することを目的とした現行の中央銀行法を改正するための公開協議の開始を10月23日に発表した。公開協議のための国民などからの意見募集は11月23日まで受け付けるとのこと。

慶応大や伊藤忠テクノらが卒業見込証明書などをスマートフォンアプリへ発行する次世代デジタルアイデンティティ基盤の実証実験開始

慶應義塾インフォメーションテクノロジーセンターと慶應義塾大学SFC研究所ブロックチェーン・ラボが、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)、MUFGの子会社であるJapan Digital Design株式会社、株式会社ジェーシービー、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)、ブロックチェーン開発企業BlockBase株式会社の5社と共同で、慶應義塾大学の学生を対象に在学証明書や卒業見込証明書などをスマートフォンアプリへ発行する、次世代デジタルアイデンティティ基盤の実証実験を10月から開始することを10月26日に発表した。なおこの実証実験は上記5社とマイクロソフトコーポレーションが連携して行うとのことだ

EYが韓国中銀デジタル通貨の技術設計関与か、AntGroupがBC基盤のデジタル著作権サービス発表、本田圭佑氏がKSK Honda Coin発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

大手監査法人の韓国子会社EY Hanyongが韓国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)の技術設計に関与予定か、中国アント・グループ(Ant Group)がブロックチェーン基盤のデジタル著作権サービスを発表、本田圭佑氏がファン向けに「KSK Honda Coin」を発行、Gaudiy(ガウディ)が人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービス提供開始、(double jump.tokyoCOO玉舎直人氏コメントあり)ブロックチェーンゲーム開発企業double jump.tokyoらがNFTの相互利用の共通基盤「Oct-Pass」の策定開始、(double.jump.tokyo CTO 満足亮氏のコメントあり)ブロックチェーンゲーム開発企業double jump.tokyoがブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応支援サービス「Asset Mirroring System」のβ版リリース、ビットコインが年初来高値を更新〜bitFlyerマーケットアナリストの金光碧氏の見解~

Gaudiy(ガウディ)が人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービス提供開始

株式会社Gaudiy(ガウディ)が週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画『約束のネバーランド』のブロックチェーンを活用したコミュニティサービスを提供開始したことを10月23日発表した。なおこの『約束のネバーランド』公式コミュニティ「みんなのネバーランド」は既に10月2日より開設、運用を開始しているとのことだ。

(double.jump.tokyo CTO満足亮氏のコメントあり)ブロックチェーンゲーム開発企業double jump.tokyoがブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応支援サービス「Asset Mirroring System」のβ版リリース

ブロックチェーンゲームの開発・運営企業double jump.tokyo株式会社が、同社提供のブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」において、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援するアセット・ミラーリング・システム(Asset Mirroring System:AMS)「MCH+AMS」を開発したことを発表した。