【9/6開催情報 更新】アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

アスターネットワークが日本で「Astar Week」開催

日本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network)」が8月下旬から9月上旬にかけ、東京で連続イベント「Astar Week」を開催する。アスターネットワークのファウンダー渡辺創太氏もイベントに合わせ帰国、各イベントで様々な業界内外のプレイヤーや有識者とディスカッションを行う。なお「あたらしい経済」も開催協力として本イベントをサポートしている。

「Astar Week」のイベントは、2022年の8月25日、29日、そして9月2日、6日に開催が予定されている。詳しいイベント内容は以下の通りだ。

※9月6日のイベント内容更新しました。ページ後半をご確認ください。

【Astar Week #1】アスター x ベンチャー・キャピタル

開催日時:2022年8月25日 18:00〜20:30(開場18:00)
場所:グロービス・キャピタル・パートナーズ株式会社(東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル)
定員:200名
主催:Astar Network
協力:グロービス・キャピタル・パートナーズ・SUSHI TOP MARKETING・幻冬舎「あたらしい経済」
参加費用:無料

タイムテーブル:
18:00: 開場
18:15-18:30:Astar Networkとは? 渡辺創太
18:30-19:30:Web3の勝機と世界で勝負するためにできること パネル
19:30-19:50:Astarプロジェクトピッチ (HARTi 吉田氏、Sushi Top Marketing 徳永氏)
19:50-20:00:Astar Japan Labに関して
20:00-20:30:ネットワーキング

参加企業/プロジェクト一覧 (五十音順):
World Innovation Lab 久保田雅也氏 創業メンバー兼パートナー
Globis Capital Partners 磯田将太氏 シニアアソシエイト
East Ventures 金子剛士氏 パートナー
Fenbushi Capital Yuki Yuminaga氏 US Investment

→お申し込みはこちら(開催終了しました)

【Astar Week #2】Web3と暗号資産の未来 Astar x 暗号資産取引所

開催日時:2022年8月29日 18:30〜21:00(開場18:30/開始18:45)
場所:CryptoBase@NIB SHIBUYA 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町16−13 桜丘フロントⅡ 3F
定員:80名 オンライン放送もあり
主催:Astar Network
協力:SUSHI TOP MARKETING・幻冬舎「あたらしい経済」
参加費用:無料

タイムテーブル:
18:30: 開場
18:45-19:00:Astar Networkのこれからと日本がいまWeb3でやるべきこと
19:00-19:45:Web3と暗号資産の未来 パネルディスカッション(桑原惇氏、金光碧氏、大塚雄介氏、Haegwan Kim氏、渡辺創太)
19:45-20:00:Astarプロジェクトピッチ (HARTi 吉田氏、Sushi Top Marketing 徳永氏)
20:00-20:05:Astar Japan Labに関して
20:05-20:30:ネットワーキング

参加企業/プロジェクト一覧 (アルファベット順):
bitbank (桑原惇氏 事業開発部部長)
bitFlyer(金光碧氏 新規事業開発部部長)
Coincheck(大塚雄介氏 Coincheck共同創業者)
Coinbase(Haegwan Kim氏 Coinbase Japan Head of Marketing & Business Strategy)

→お申し込みはこちら(開催終了しました)

【Astar Week #3】アスターネットワーク x Web3スタートアップ

開催日時:2022年9月2日 18:00〜20:00(開場18:00/開始18:15)
場所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル 株式会社ニューズピックス
定員:200名
主催:Astar Network
協力:ニューズピックス・SUSHI TOP MARKETING・幻冬舎「あたらしい経済」
参加費用:無料

タイムテーブル:
18:00: 開場
18:15-18:35:日本から世界で勝つWeb3スタートアップを創るために(渡辺創太 Astar Founder)
18:35-18:45:Astarの2022年エコシステム戦略 (富木良 Astar Growth BizDev)
18:45-19:30:Astarプロジェクトピッチ
19:30-19:35:Astar Japan Labに関して
19:35-20:00:ネットワーキング

参加企業/プロジェクト一覧:
Stake Technologies
Sushi Top Marketing
Penta
HEALTHREE
Astar Farm
tofuNFT
COSMIZE
など

→お申し込みはこちら

【Astar Week #4】アスターネットワーク x 日本大企業

開催日時:2022年9月6日 18:45〜20:30(開場18:30/開始18:45)
場所:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-3 第2大外ビル7階
定員:80名
主催:Astar Network
協力:Shibuya Startup Support・ SUSHI TOP MARKETING・幻冬舎「あたらしい経済」
参加費用:無料

タイムテーブル:
18:30: 開場
18:45-18:50 : イントロダクション(Astar Founder 渡辺創太)
18:50-19:00 : Web3とはなにか?(Web3 Foundation 大日向祐介)
19:00-19:40 : パネルディスカッション
19:40-20:00 : Astarプロジェクトピッチ
20:00-20:05 : Astar Japan Labに関して
20:05-20:30 : ネットワーキング

参加企業/プロジェクト一覧(50音順)
アクセンチュア 唐澤鵬翔氏
電通 星野怜生氏
日本マイクロソフト 海老島幹人氏
博報堂 佐野拓海氏
など

→お申し込みはこちら

アスターネットワークとは?

アスターネットワーク(Astar Network)は、異なるブロックチェーンの相互接続(インターオペラビリティ)を目指すプロジェクトであるポルカドットのパラチェーンとして昨年12月に接続し、1月17日にメインネットローンチしたブロックチェーンだ。

ポルカドットは中心的な機能を果たすリレーチェーンと、そのリレーチェーンに接続される個別のブロックチェーンであるパラチェーンによって構成されている。ポルカドットリレーチェーンでは、スマートコントラクトをサポートしていない為、アスターはポルカドットへEVM(イーサリアムバーチャルマシン)やWASM(ウェブアッセンブリ)を提供することで、複数のブロックチェーンをサポートするマルチチェーンスマートコントラクトハブの役割を担っている。

またアスターネットワークでは開発者支援の為に「dApp staking」の仕組みを有している。「アスターネットワーク」と統合したdAppやインフラストラクチャに対して、ユーザーが同ネットワークのネイティブトークン「ASTR」をステーキングすることで、開発者とユーザーが報酬を得られる仕組みとなっている。ユーザーは「dApp Staking」でdAppに「ASTR」をステーキングする事で、報酬を受取りながらも、開発者を支援することが可能となる。

なおアスターネットワークを開発するステイクテクノロジーは、日本人起業家の渡辺創太氏がCEOを務めるシンガポール拠点企業だ。

アスターネットワークのトークン「アスター(ASTR)」は現在、暗号資産(仮想通貨)取引所のフォビグローバル(Huobi Global)、OKEx(オーケーイーエックス)、Gate.io(ゲート)、クラーケングローバル(Kraken Global)、クーコイン(KuCoin)、バイナンス(Binance)、クリプトドットコム(Crypto.com)などで取り扱われている。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【随時更新】2024年 暗号資産/ブロックチェーンなどWeb3領域の主要カンファレンス日程まとめ

今年2024年も国内外で様々な暗号資産(仮想通貨)/ ブロックチェーンなどWeb3領域のカンファレンスの開催が予定されています。この記事では今年の主要なイベントについてご紹介します。今後こちらの情報も随時更新していく予定です。ぜひブックマークしてご利用ください(最終更新2024年1月26日)。

HTXが「HTX DAO」ローンチ、ガバナンストークン「HTX」も発行へ

海外暗号資産(仮想通貨)取引所のHTXが、HTX DAOの設立およびガバナンス機能付きプラットフォームトークン「HTX:HTX DAO」を発行し、独自に発行しているプラットフォームトークンである「HT:Huobi Token」からの移行を発表した。HTX DAOは1月18日に設立され、トークンの移行に関しては1月20日に発表されている

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS」2/6開催、クリプトリエ新サービス発表も

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS 2024 produced by cryptolier」が、東京ミッドタウン日比谷で2月6日に開催される。web3に関するコンサルティングや開発事業を手掛ける、株式会社クリプトリエが「NFTのビジネス活用を”今”からはじめよう」をテーマに主催するイベントだ。

渋谷がアートとテックに染まる3日間「DIG SHIBUYA」1/12~14開催、回遊型NFTスタンプラリーや移動式参加型アートなど

テクノロジーとアートを掛け合わせた最新カルチャーを体験できる回遊型のイベント「DIG SHIBUYA(ディグシブヤ)」が、2024年1月12〜14日の3日間開催される。SHIBUYA CREATIVE TECH(SCT)実行委員会が主催、渋谷区が共催のイベントだ。

Web3メディアに携わってきた3人が来年のトレンド大予想!「EXODUS」公開収録 & Centrum 大忘年会 12/23 開催

「あたらしい経済」編集長の設楽悠介と、元コインテレグラフジャパン編集長で、現在 dYdX Foundation Japan Lead を務める大木悠氏の人気ポッドキャスト番組「EXODUS」。この番組の公開収録イベントが、 12/23(土)夜に渋谷  Centrum で開催される。

[締切間近] 熊本県主催「NFT×球磨焼酎」イベントがリアルとメタバース開催!リアル会場では試飲会も(12/13 18:30-)

熊本県のDX公募型実証事業の一つ「NFT・メタバースを活用した球磨焼酎のブランド力向上」の取組みの一環として、案内人が語る球磨焼酎の魅力紹介や、web3や地方創生の先駆者によるトークセッション、さらには様々な球磨焼酎の試飲もできるイベントが12月13日に開催される。熊本県主催で、イベント企画・運営をみずほ銀行が実施するイベントだ。

日本のWeb3の未来を一緒に盛り上げたい。Web3ウォレット開発の「Blocto」が日本参入で目指すこと(郭巧童 / カク・ナオカ)

Bloctoは、今年日本支社を立ち上げた。今回「あたらしい経済」ではBlocto日本事業開発責任者である郭巧童(カク・ナオカ)氏を取材。郭氏に、日本の市場をどう捉えているのか、そして今後どのようなサービスを展開していくのか、ウォレットのアップデートなどの最新情報も含めて、語っていただいた。

Sponsored