テザー社5億USDT破棄、テックビューロホールディングス社「mijin」はどうなる?、SWIFTがマイクロソフトと提携、ナスダックがBC活用の情報配信システムの特許取得かなど8つのブロックチェーン・仮想通貨ニュース

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けします。

10月25日のブロックチェーン・仮想通貨ニュース

  • テザー社が5億USDTを破棄すると発表
  • Binanceが西日本洪水被害のために募った寄付で5670万円を集められたことが明らかに
  • 国際銀行間金融通信協会(SWIFT)がマイクロソフトと提携
  • オラクルがOracle Blockchain Applications Cloudを発表
  • ナスダックがブロックチェーンを活用した情報配信システムの特許取得か
  • トイウェアが仮想通貨交換業者向けの業務構築コンサルティングを開始
  • イードがゲームフリークのためのトークンがもらえるアプリ「GameDays」iOS/Androidで配信開始。気になるテックビューロ・ホールディングス社の「mijin」の今後
  • 金融庁が資金決済に関する法律第87条に基づき「日本仮想通貨交換業協会」を認定資金決済事業者協会として認定

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

※便利なバックグラウンド再生もできます!

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock / artsstock・Evgeny555

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

韓国中央銀行がCBDCのパイロットテスト実施へ、香港Hex TrustがCordaと統合、コンセンサス・ベイスがR3と開発パートナー契約などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界経済フォーラムが「コロナウイルスが引き起こしたサプライチェーンへの混乱をブロックチェーンでどう解決すべきか」という記事を公開、韓国中央銀行がCBDCのパイロットテスト実施へ、香港のデジタル資産カストディー企業Hex TrustがCordaと統合、ブロックチェーン専門企業コンセンサス・ベイスが、R3社と開発パートナー契約を締結、米仮想通貨取引所ジェミナイがBATの取り扱いを開始

世界経済フォーラムが「コロナウイルスが引き起こしたサプライチェーンへの混乱をブロックチェーンでどう解決すべきか」という記事を公開

World Economic Forum(世界経済フォーラム)がコロナウイルスによるサプライチェーンの混乱を受けて、専門家たちがサプライチェーン全体での可視性・透明性を高める必要性を再確認していると記事で発表した。

One Connectと中国商港GがブロックチェーンPF構築へ、仮想通貨に係る改正資金決済法が5月1日施行、BIS新型コロナにより現金需要高まるとレポートなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国テック企業One Connectと中国商港グループがブロックチェーンプラットフォーム構築へ、仮想通貨に係る改正資金決済法が5月1日施行に決定、BISが「新型コロナウイルス(Covid-19)によって現金需要は高まる」とレポートを発表、ファクトムの開発企業が会社清算手続きへ