chaintope、ブロックチェーンでの大量データ処理技術の特許取得

chaintope、ブロックチェーンでの大量データ処理技術の特許取得

chaintope(チェーントープ)が、同社開発「Tapyrus(タピルス)」ブロックチェーンにおける、大量データ処理問題を解決する技術の特許取得(特許番号:特許第6943393号)を10月25日発表した。

この特許技術では、トレーサビリティシステム上で個品管理する商品情報の様に膨大なデータを経路に合わせて集約(コンテナ化)・圧縮し、同じ経路の通信トラフィックを効率化しつつ集約された数千個以上のデータをブロックチェーン上に記録する事が可能とのことだ。chaintopeは、この技術を活用することでネットワーク上のトラフィックを抑え、大容量のストレージリソースを持たずともブロックチェーンネットワークへの参加が容易となるとしている。

なおこの特許技術を「Tapyrus」で用いることで、これまでと比べて98%超のデータサイズ圧縮が実現したとのことだ。

グローバルサプライチェーンにおいてトレーサビリティ技術を基本とした様々なユースケースは大量なデータを扱うことになるが、そのような場合に「Tapyrus」を用いることにより効率的なデータサイズでユースケースが実現でき、ブロックチェーンを用いたオープンかつセキュアな環境を構築することが可能だと同社は発表している。

トレーサビリティに関して、chaintopeは九州農産物通商株式会社らとシャインマスカットなど地産フルーツのトレーサビリティ実証を9月に成功させている。そしてchaintopeは福岡県飯塚市と行政文書のデジタル化、九州工業大学と履修履歴証明のデジタル化に関しても実証実験を行っている。

またchaintopeは今年10月にANRI、Canal Ventures、株式会社三菱総合研究所、SGインキュベート、デジタルトランスフォーメーションファンド、NCBベンチャーらから総額1.8億円の資金調達(シリーズAエクステンションラウンド)を実施したことを発表している。

関連ニュース

【取材】九州工業大の履修証明書にブロックチェーン、アイティフォーとchaintopeが実証実験へ

【取材】医療機器の物流改善にブロックチェーン、chaintopeが実証実験

【取材】地産フルーツ輸出にブロックチェーン、chaintopeらがトレーサビリティ実証に成功

ガバナンス問題を解決した日本発パブリックブロックチェーン「Tapyrus(タピルス)」とは?(chaintope CTO 安土茂亨氏に突撃取材!)

参考:チェーントープ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・wacomka・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ