フォビトラスト香港、カストディサービス提供を表明

フォビトラスト香港、カストディサービス提供を表明

フォビ・テクノロジー・ホールディングス(Huobi Technology Holdings Limited)の子会社フォビ・トラスト・香港(Huobi Trust Hong Kong)が、カストディサービスを提供することを10月21日に表明した。

暗号資産市場の拡大と機関投資家の参入を受け、フォビ・トラストは各地域のコンプライアンス基準に応じてカスタマイズ可能な資産管理サービスを提供していくと発表された。

同社はフォビ・テクノロジー・ホールディングスの支援を受け、カストディサービス、ウェルスマネジメント、プライベートカスタマイゼーションなどを含む、包括的な暗号資産信託サービスプロバイダーを目指すとのことだ。

またフォビ・トラストは透明性やセキュリティも重視しており、香港のマネーロンダリングおよびテロ資金供与対策に関する法律に準拠したライセンスを取得しているほか、分散型マルチシグニチャー・コールドウォレットなどを利用してセキュリティレベルを向上させているとのことだ。

フォビ・テクノロジーズのCFOであるリリー・チャン(Lily Zhang)氏は発表で次のようにコメントしている。

「(フォビ・トラストは)香港のコモンロー制度に基づく登録信託会社として、世界をリードする暗号資産信託サービスプロバイダーになることを目指しています。当社は信託・保管サービスで提供する商品を改善し続け、顧客の資産の安全性とセキュリティを常に最優先にしていきます」

参考:Huobi Technology
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RAPEEPON-BOONSONGSUWAN・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored