コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

米コスメブランドのクリニーク(CLNIQUE)がNFTをリリースすることを10月19日発表した。リリースされるNFTは3種類で「MetaOptimist」と名付けられている。なお利用ブロックチェーンはポリゴン(Polygon)とのこと。

発表によれば、このNFTは販売目的ではなく、クリニークのリワード会員限定に対するSNSを活用したキャンペーン目的に利用されると発表されている。

具体的に、クリニークのリワードプログラムに登録したユーザーが、クリニークからの質問に対する回答をTwitter、InstagramおよびTikTokのいずれかのストーリーで投稿し、その中で選ばれた3名がそれぞれのNFTを受け取ることができるとのこと。その質問は「あなたはどのようにして周囲の人々に希望を与えていますか? そして誰があなたを笑顔にしていますか?」という内容で、応募期間は11月2日までとなっている。

クリニークのグローバルオンライン、コンシューマー エンゲージメント&プロダクト マーケティング担当シニアバイスプレジデントのキャロライン・ドーキンス(Carolyn Dawkins)氏は、発表で次のようにコメントしている。

「クリニークでは常に革新的な機会を模索し、消費者にユニークで魅力的なブランドとの関わり方を提供しています。NFTの世界では、ブランドの信頼性と消費者の驚きが重要であり、私たちのアプローチはそれを実現するものだと考えています。

本日のリリースは、クリニークのメタバースにおける旅の始まりに過ぎません。私たちは、最新のオムニチャネル体験を通じて、消費者の皆様と出会う方法を模索し続けます」

コスメブランドの事例としては、これまでLUSH(ラッシュ)によるNFTの活用があった。LASHはリアルな限定商品にNFTアートを入手できるカードを封入する施策を今年実施している。

参考:CLINIQUE
デザイン:一本寿和
images:iStocks/comzeal

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored