カンボジア「アンコールタイガーFC」がFiNANCiEでクラブトークン発行

カンボジアのサッカークラブがFiNANCiEでクラブトークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、カンボジアリーグに所属する日系クラブ「アンコールタイガーFC」のトークン発行と販売開始が10月14日発表された。

「アンコールタイガーFC」はカンボジア1部プロリーグに所属するサッカークラブだ。フィナンシェによると同クラブは日本人がオーナーである日系クラブでありながらも、カンボジアリーグでNo.1の集客力を誇るという。

今回FiNANCiE上で発行されるトークンは「タイガートークン」として販売される。販売売上は主に「アンコールタイガーFC」のクラブ強化・運営費用に利用する予定とのこと。

また「タイガートークン」購入者は特典として、クラブ運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

現在発表されている投票企画として、「2022シーズンのユニフォームデザインを決める投票」や「選手たちが使用するバスのラッピングデザインを決める投票」などが挙がっている。また抽選特典案には「選手やクラブオーナーとの食事参加権」や「日本でのパブリックビューイング招待」などが企画されている。

「タイガートークン」の販売実施期間は10月14日11:00~11月28日22:00の予定となっている。

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。