米Arca、暗号資産関連VC向けファンドで約33億円調達

米Arca、暗号資産関連VC向けファンドで約33億円調達

米国の暗号資産運用会社であるアーカ(Arca)が新たに立ち上げた暗号資産関連ファンドが、上限を超え3,000万ドル(約33億円)を調達し、クローズしたことが10月5日分かった。

このように売り出しに対して買いが上回る「オーバーサブスクライブ」したことは、今回アーカが立ち上げたファンドに対し投資家の期待が大きいことを示している。

今回33億円もの資金を調達したのは、暗号資産関連のベンチャーキャピタルへ投資する「アーカエンデバーファンド(Arca Endeavor Fund)」だ。

このファンドではDeFi(分散型金融)、ゲーム、Web3.0、スポーツ、音楽、ファンエンゲージメント、NFTインフラストラクチャ、金融サービス、保険などの分野に注力する予定で、すでにいくつかの案件に初期投資を行っているとのことだ。

なおアーカは2018年8月に「アーカデジタル資産ファンド(Arca Digital Assets Fund)」を立ち上げ、また2021年8月には「アーカデジタルイールドファンド(Arca Digital Yield Fund)」を立ち上げている。

今回の「アーカエンデバーファンド」は「アーカデジタル資産ファンド」と同じ投資対象が含まれるが、その他「アーカデジタル資産ファンド」の対象外の投資先を補完するとのことだ。

参考:アーカ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored