ツイッターが投げ銭機能「Tips」公開、ビットコインや現金に対応

ツイッターが投げ銭機能公開、ビットコインや現金に対応

ツイッターが法定通貨やビットコインでの投げ銭機能「Tips」を追加したことが9月23日に分かった。

今年5月に「Tip Jar」という名称で米国の一部ユーザーに提供されいた機能が正式にローンチしたことになる。

現在は「iOS」のみで利用可能だが、数週間後には「Android」にも対応するとのことだ。なおウェブ版での実装に関しては発表されていない。

iOSユーザーはツイッターのプロフィール変更ボタンから「Tips」での投げ銭機能をオンにして、連携可能な決済サービスの接続やビットコインの受け取りアドレスを設定すれば、投げ銭が受け取れるようになる。

発表によれば、現在ツイッターと連携可能なサービスはCashApp、Chipper、Patreon、Razorpay 、Wealthsimple Cash、Venmo、Bandcamp、GoFundMe、PicPayの9種類となっている。

またツイッターは、ビットコインでマイクロペイメントを可能にするライトニングネットワーク(Lightning Network)の対応も開始した。

これはビットコイン関連の開発企業ストライク(Strike)との連携で実現した。現在ストライクを介したビットコイン・ライトニングネットワーク利用は、エルサルバドルと米国(ハワイとニューヨークを除く)の人々が利用できるとのことだ。

ツイッター公式サイトによれば、ツイッターが投げ銭機能を通して手数料を受け取ることはないとのことだ。ただし第三者決済サービスが手数料を発生させる場合があるとのこと。

また投げ銭機能の利用は18歳以上の方に限られているようだ。そしてツイッターは投げ銭の上限額は定めていない。

ツイッターのCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)は今年7月の収益報告会で、ツイッター社やその株主らにビットコインの重要性を説いていた。

そこでジャック・ドーシーは「ビットコインはインターネットのネイティブ通貨であり、ビットコインを活用すればツイッターを利用する全ての人にまったく新しいユースケースを提供することができるようになる」と伝えていた。

かねてからビットコインに対してポジティブなスタンスで有名なジャック氏だが、そのような考えで今回の投げ銭機能にビットコインも採用したのであろう。

現在、日本の決済サービスとの連携はなく、日本居住者は前述のプロフィールからビットコインアドレスを登録することでビットコインでの投げ銭の受け取りが可能になっている。

すでに日本でもビットコインアドレスを設定したユーザーを確認することができたが、段階的に機能が公開されていくのだろうか、一部のユーザーからはまだプロフィールに「Tips」の設定ボタンが表示されないなどの声も上がっている。

参考:ツイッター
images:Urupong・LongQuattro
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した