【訂正】ウォルマートの暗号資産ライトコイン(LTC)支払対応は誤報

訂正:ウォルマート、ライトコイン(LTC)支払対応は誤報

13日、米大手スーパーマーケットチェーンのウォルマートが「ライトコイン(LTC)と提携し顧客が暗号通貨で支払いを行えるようにしたと発表した」と報道がありましたが、複数メディアがウォルマート担当者に確認したところ発表を否定しており、また情報ソースとなっていたプレスリリースサービス「GlobeNewswire」でも該当ページが削除されました。

今回のニュースはフェイクニュースだと思われます。こちらに訂正してお詫び申し上げます。

—–以下報じたニュース内容—–

米大手スーパーマーケットチェーンのウォルマートが13日、ライトコイン(LTC)と提携し、顧客が暗号通貨で支払いを行えるようにしたと発表した。

ウォルマートの最高経営責任者(CEO)のダグ・マクミロン氏は「10月1日から、すべてのeコマース店舗で『ライトコインでの支払いオプション』を実装する」と述べた。

この報道を受け175ドル付近で推移していたライトコンの価格が、22時45分ごろ、一時235ドル付近まで高騰した(米コインベース価格)。

※Reporting by Praveen Paramasivam in Bengaluru; Editing by Amy Caren Daniel
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて翻訳及び編集加筆したものです。

 

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。