【訂正】ウォルマートの暗号資産ライトコイン(LTC)支払対応は誤報

訂正:ウォルマート、ライトコイン(LTC)支払対応は誤報

13日、米大手スーパーマーケットチェーンのウォルマートが「ライトコイン(LTC)と提携し顧客が暗号通貨で支払いを行えるようにしたと発表した」と報道がありましたが、複数メディアがウォルマート担当者に確認したところ発表を否定しており、また情報ソースとなっていたプレスリリースサービス「GlobeNewswire」でも該当ページが削除されました。

今回のニュースはフェイクニュースだと思われます。こちらに訂正してお詫び申し上げます。

—–以下報じたニュース内容—–

米大手スーパーマーケットチェーンのウォルマートが13日、ライトコイン(LTC)と提携し、顧客が暗号通貨で支払いを行えるようにしたと発表した。

ウォルマートの最高経営責任者(CEO)のダグ・マクミロン氏は「10月1日から、すべてのeコマース店舗で『ライトコインでの支払いオプション』を実装する」と述べた。

この報道を受け175ドル付近で推移していたライトコンの価格が、22時45分ごろ、一時235ドル付近まで高騰した(米コインベース価格)。

※Reporting by Praveen Paramasivam in Bengaluru; Editing by Amy Caren Daniel
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて翻訳及び編集加筆したものです。

 

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズ、タツノコプロ「黄金戦士ゴールドライタン」のNFTグローバルライセンス取得

ブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う企業であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)が、日本のテレビアニメ『黄金戦士ゴールドライタン』のブロックチェーンゲームおよびNFT製作に関するグローバルライセンスを取得したことが分かった

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored