小田急電鉄、下北線路街にカヤックの「まちのコイン」導入

小田急電鉄、下北線路街にカヤックの「まちのコイン」導入

小田急電鉄株式会社が、7月16日より株式会社カヤックが提供するコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」を下北線路街をはじめとしたシモキタエリアに導入することを7月8日発表した。なお通貨の名称は「キッタ」となる。

「キッタ」の導入は開発エリア 06「BONUS TRACK」内の一部店舗と開発エリア 10「下北線路街 空き地」をはじめ、地域のライブハウスや飲食店など全18 箇所となる。

リリースにて「キッタ」の利用例として挙げられているのは、下北線路街の空き地でのライブ演奏や、ライブハウスでのライブ鑑賞、商業施設内でのまちピア ノの演奏などの取り組みや、脱プラスチックゴミやフードドライブなど社会課題の解決に資する活動への参加を通じて「キッタ」を獲得。獲得後は対象の飲食店やカフェなどにて使用することができ、通常では提供されないメニューのサービスを受けられるということだ。

利用にはまず「まちのコイン」アプリを AppStoreおよびGoogle Playからダウンロードし、対象店舗にて提示を行うとのこと。

また小田急電鉄は「キッタ」の使用方法や導入背景、役割など、この取り組みを広く発信していくためのイベント「キッタ展」を7月16日から22日までの期間にて下北線路街「BONUS TRACK」内の「ギャラリー」にて開催するとのことだ。なお参加費は無料となっている。

参考:小田急電鉄
デザイン:一本寿和
images:iStocks/yewkeo・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行