小田急電鉄、下北線路街にカヤックの「まちのコイン」導入

小田急電鉄、下北線路街にカヤックの「まちのコイン」導入

小田急電鉄株式会社が、7月16日より株式会社カヤックが提供するコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」を下北線路街をはじめとしたシモキタエリアに導入することを7月8日発表した。なお通貨の名称は「キッタ」となる。

「キッタ」の導入は開発エリア 06「BONUS TRACK」内の一部店舗と開発エリア 10「下北線路街 空き地」をはじめ、地域のライブハウスや飲食店など全18 箇所となる。

リリースにて「キッタ」の利用例として挙げられているのは、下北線路街の空き地でのライブ演奏や、ライブハウスでのライブ鑑賞、商業施設内でのまちピア ノの演奏などの取り組みや、脱プラスチックゴミやフードドライブなど社会課題の解決に資する活動への参加を通じて「キッタ」を獲得。獲得後は対象の飲食店やカフェなどにて使用することができ、通常では提供されないメニューのサービスを受けられるということだ。

利用にはまず「まちのコイン」アプリを AppStoreおよびGoogle Playからダウンロードし、対象店舗にて提示を行うとのこと。

また小田急電鉄は「キッタ」の使用方法や導入背景、役割など、この取り組みを広く発信していくためのイベント「キッタ展」を7月16日から22日までの期間にて下北線路街「BONUS TRACK」内の「ギャラリー」にて開催するとのことだ。なお参加費は無料となっている。

参考:小田急電鉄
デザイン:一本寿和
images:iStocks/yewkeo・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論