『キャプテン翼』高橋陽一氏代表の「南葛SC」、FiNANCiEでトークン発行 マイクリとのNFTコラボも実施

『キャプテン翼』高橋陽一氏代表の「南葛SC」、FiNANCiEでトークン発行

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、『キャプテン翼』の原作者、高橋陽一氏が代表取締役を務める南葛SCのクラブトークン発行と販売を開始することを6月17日発表した。

南葛SCは東京都葛飾区からJリーグ入りを目指して活動中の社会人チーム。現在はJ1から数えて6部相当にあたる関東サッカーリーグ2部に所属しており、Jリーグ入りに必要な前段階の資格となる「Jリーグ百年構想クラブ」に2020年2月に認定されている。

リリースによると今回のクラブトークンの販売売上は、主に南葛SCのクラブ運営費用に利用するとのこと。クラブトークン購入者については、クラブの投票企画への参加や、参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。

ファンディング実施期間は6月17日15:00~7月30日22:00の予定となっている。

マイクリとのNFTコラボも実施

なお今回の販売に際してはブロックチェーンゲーム開発のdouble jump.tokyo株式会社とも提携し、同社の提供するブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ:マイクリ)』と『南葛SC』がコラボしたエクステンション(ゲーム内NFTアイテム)を対象メニュー購入者へのプレゼントを抽選にて行うとのこと。

エクステンションはゲーム内で使えるアイテムで、ブロックチェーンを用いてデジタル上で保有できる南葛SCとのコラボ限定オリジナルアイテムとなる。

南葛SC 代表取締役 高橋陽一氏のコメント

南葛SCの代表取締役である高橋陽一氏は『このたび、南葛SCはフィナンシェとコラボさせていただくことになりました。フィナンシェは、「ファン・サポーターの応援を、クラブの実質的なサポートにつなげるシステム」とのことで、まだこれからのクラブである南葛SCにとって、とても良いものだという印象を持っています。

「葛飾からJリーグへ」という目標に向かって、このフィナンシェを通して、ファン・サポーターの皆さんと、これまで以上に一体感を持ってやっていければと思います。よろしくお願いいたします』とリリースにてコメントしている。

関連リンク

ファンディングページURL:https://financie.jp/users/Nankatsu_SC/cards

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論