Apple、iPhoneとMacに新しいデジタルキー・ウォレット機能追加を発表

Apple、iPhoneとMacに新しいデジタルキー・ウォレット機能追加を発表

米アップル(Apple)が今秋予定されているソフトウェア・アップグレードにより、iPhoneとMacにデジタルキー・ウォレットやプライバシー機能を追加することを6月7日に発表した。

Appleのデジタルキーのアップグレートでは、ユーザーはiPhoneをポケットや鞄に入れた状態で対応する自動車を安全にロック解除して発進させることができるようになるとのことだ。またAppleのウォレットに保存されたキーを使えば、iPhoneで自宅、オフィスまたはホテルの部屋の鍵も開けられるようになるとのことだ。

そして2021年後半には、米国の一部の居住者は運転免許証または州発行の身分証明書をAppleウォレットに追加できるようになる予定だ。米国運輸保安局は現在、空港の保安検査場がAppleウォレットのデジタル身分証明証が使える最初の場所になるように準備しているとのこと。Appleウォレットの身分証明書は暗号化され、セキュアエレメントの中に安全に保存されている。セキュアエレメントは外部からの解析攻撃に耐えうるセキュリティ能力を持った半導体プロダクトの総称である。Appleの場合、Apple Payにて活用されているセキュアエレメントと同様のプロダクトとのことだ。

そしてAppleの具体的なプライバシー機能としてメールプライバシー保護やアプリケーションのプライバシーレポートが挙げられていて「メールプライバシー保護は、メールが開封されたかどうかを送信者に知られないようにします。IPアドレスを隠し、送信者がIPアドレスを使って、ユーザーの位置情報を把握したりプロファイルを作成したりできないようにします。アプリケーションのプライバシーレポートは、それぞれのアプリケーションが以前付与された許可を使って過去7日間に位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先にどのようにアクセスしたか、そしてどの第三者のドメインとやり取りをしたのかの概要を提供します」と説明されている。

なおアップルは5月26日に決済領域事業をリードする暗号資産業界での経験を持つ人材を募集し始めている。

参考:Apple
デザイン:一本寿和
images:iStock/Chinnapong

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。