Apple、iPhoneとMacに新しいデジタルキー・ウォレット機能追加を発表

Apple、iPhoneとMacに新しいデジタルキー・ウォレット機能追加を発表

米アップル(Apple)が今秋予定されているソフトウェア・アップグレードにより、iPhoneとMacにデジタルキー・ウォレットやプライバシー機能を追加することを6月7日に発表した。

Appleのデジタルキーのアップグレートでは、ユーザーはiPhoneをポケットや鞄に入れた状態で対応する自動車を安全にロック解除して発進させることができるようになるとのことだ。またAppleのウォレットに保存されたキーを使えば、iPhoneで自宅、オフィスまたはホテルの部屋の鍵も開けられるようになるとのことだ。

そして2021年後半には、米国の一部の居住者は運転免許証または州発行の身分証明書をAppleウォレットに追加できるようになる予定だ。米国運輸保安局は現在、空港の保安検査場がAppleウォレットのデジタル身分証明証が使える最初の場所になるように準備しているとのこと。Appleウォレットの身分証明書は暗号化され、セキュアエレメントの中に安全に保存されている。セキュアエレメントは外部からの解析攻撃に耐えうるセキュリティ能力を持った半導体プロダクトの総称である。Appleの場合、Apple Payにて活用されているセキュアエレメントと同様のプロダクトとのことだ。

そしてAppleの具体的なプライバシー機能としてメールプライバシー保護やアプリケーションのプライバシーレポートが挙げられていて「メールプライバシー保護は、メールが開封されたかどうかを送信者に知られないようにします。IPアドレスを隠し、送信者がIPアドレスを使って、ユーザーの位置情報を把握したりプロファイルを作成したりできないようにします。アプリケーションのプライバシーレポートは、それぞれのアプリケーションが以前付与された許可を使って過去7日間に位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先にどのようにアクセスしたか、そしてどの第三者のドメインとやり取りをしたのかの概要を提供します」と説明されている。

なおアップルは5月26日に決済領域事業をリードする暗号資産業界での経験を持つ人材を募集し始めている。

参考:Apple
デザイン:一本寿和
images:iStock/Chinnapong

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

「ブロックチェーンが国家戦略に」政府成長戦略にてBC活用が明記

内閣官房の成長戦略会議事務局が、日本における成長戦略計画が閣議決定されたことを6月18日発表した。 この計画の「第2章 新たな成長の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備」には「ブロックチェーン等の新しいデジタル技術の活用」が明記されている。これによりブロックチェーンが国家戦略として取り組まれることになった

【6/18の話題】JCBとソラミツがサイバー空間サービスキット提供へ、デジタル庁重要施策にBCなど(音声ニュース)

JCBとソラミツ、サイバー空間サービスキットを提供へ。エピック・ゲームスのゲームエンジン上で、デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定、米共和党、暗号資産での政治献金可能へ、アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携、チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)、暗号資産インデックス導入を検討か、PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM、世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否。環境面と透明性を理由に、CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表、ピラミッドやスフィンクスがNFTに、エンジンとバーチャルワールズが提携、マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ、露ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定 ・「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が6月18日に閣議決定された。この計画にはブロックチェーンについての言及もあり、デジタル庁の重要施策にブロックチェーンが入れ込まれたことになる。