バイナンスにNuCypher(NU)が上場

バイナンスにNuCypher(NU)が上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が暗号資産NuCypher(ニューサイファー:NU)の上場を6月4日発表した。

NuCypherは分散型の鍵管理システムだ。NuCypherを利用することで、ユーザーはプロキシ再暗号化 (PRE)テクノロジを使用して、パブリックコンセンサスネットワークの多数の参加者間でプライベートデータを共有できる。またNuCypherのネイティブユーティリティトークンであるNUは、ネットワークのインセンティブ付与、ワーカーノードの運営、プロトコルガバナンスへの参加に使用されている。

なおバイナンスでは既にNU/BTC、NU/BNB、NU/BUSD、NU/USDTの取引ペアにて取り扱いが行われている。

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored