欧州投資銀行がAI・ブロックチェーン企業への投資に関するレポート公開、米中とEUの差が明らかに

欧州投資銀行がAI・ブロックチェーン企業への投資に関するレポート公開、米中とEUの差が明らかに

欧州投資銀行(EIB)が「Artificial intelligence, blockchain and the future of Europe」と題するレポートを公開した。レポートではAIやブロックチェーン技術の社会的影響や米中との投資実績や現状の差を示している。

まず欧州投資銀行(EIB)はAIとブロックチェーン技術に関して「AIとブロックチェーン技術は、私たちの仕事、旅行、休暇、そして社会や日常生活の習慣化に革命を起こす可能性を秘めています。AIはCOVID-19ワクチンの開発・製造の迅速化に不可欠であり、ブロックチェーンは金融システムを破壊するだけでなく、温室効果ガスの排出量の追跡・報告、商業輸送の最適化、データのプライバシー保護などにも役立つ可能性を秘めています。倫理観と持続可能性の原則に基づいた両技術のさらなる発展は、私たちの成長のための新たな道筋を作り、私たちの社会を真にデジタルで環境に優しいものにするための技術的ソリューションを推進し、最終的には地球の居住性を維持する可能性があります」と説明した。

レポートではEUとアメリカや中国とのAIおよびブロックチェーン関連企業への投資額の差などが調査されている。EUのAIとブロックチェーン企業への投資額はアメリカや中国と比較すると年間約60~120億ドル足りていないとのことだ。世界全体でAIおよびブロックチェーン技術への年間株式投資額300億ドルのうち米国と中国が80%以上を占めている。一方でEUは年間約21億ドルの投資額となっており、世界規模の金額の7%に過ぎないとのことだ。

また欧州投資銀行はレポートにて「2000年から2019年にかけて、米国ではAI企業の買収が526件ありましたが、欧州連合(英国を含む)では139件しかありませんでした。このことは、EUにおける技術系の新規株式公開(IPO)の価値が限られていることと相まって、EUにおける破壊的技術への投資の出口機会が少ないことを説明することができます」と企業のイグジット戦略に関する米国との差を示している。また米国と比較して、EUにはAIやブロックチェーンを専門とするベンチャーキャピタル投資家が少ないことも説明している。

参考:欧州投資銀行
デザイン:一本寿和
images:iStock/Rawpixel・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がドイツ、イタリア、オランダの3か国において、先物・デリバティブ商品の提供を終了する予定であることを7月30日発表した。またバイナンスの公式Twitterによると3か国での対応以降、欧州地域でも同サービスの提供を終了するとしている

【7/30の話題】FabricVenturesのWeb3ファンドが120億円調達、バンクオブアメリカらパクソスに投資参加など(音声ニュース)

Fabric VenturesのWeb3.0特化ファンド、欧州投資基金らから約120億円調達、バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加、ペイパルCEO、暗号資産関連技術へ継続的に強い関心示す、大手資産運用企業ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表、草間彌生のNFTが中国オークションハウスで15.5億円で落札、米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場、アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行、イギリスで食品エコシステムのデジタル化目指すコンソーシアム「SecQuAL」発足、コインチェックがIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」販売結果発表、申込金額244億円突破

Sponsored

バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加

暗号資産(仮想通貨)取引インフラやカストディサービスを提供するPaxos(パクソス)が約330億円(3億ドル)を調達したシリーズDラウンドにバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)コインベース・ベンチャーズ(Coinbase Ventures)ファウンダーズ・ファンド(Founders Fund)暗号資産デリバティブ取引所FTXが新たに参加したことを7月29日に発表した。

米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産バッジャーダオ:Badger DAO(バッジャー:BADGER)、カルテシ:Cartesi(CTSI)、ループリング:Loopring(LRC)、ラップドビットコイン:Wrapped Bitcoin(WBTC)の4銘柄の上場を7月29日発表した。