デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に

中国工商銀行(ICBC)が、中国人民銀行の提供するモバイルアプリウォレット内でデジタル人民元ウォレットサービスの利用を許可したとThe Blockが報道した。

デジタル人民元のテストを開始した最初の都市のひとつである成都のICBCユーザーが、モバイルアプリにサインインした後、デジタル人民元のウォレットを有効にできるようになったようだ。

デジタル人民元のウォレット機能は「Internal Test Wallet」と呼ばれていて、数ヶ月前からモバイルアプリ内で検索できるようになっていたが、4月までは、ホワイトリストに登録されたユーザー以外は有効にすることができなかったとのことだ。

デジタル人民元のウォレットでは「銀行口座からの残高の入金、銀行口座への残高の引き出し、QRコードによる支払い、ピアツーピア取引の開始」という4つの主要モジュールが利用可能になっているとのことだ。

また中国のビジネスメディアCLSは「一部のAliPayユーザーがデジタル人民元モジュールを利用できるようになった」とも報じている。

参考:The Block

(images:iStock/Molnia・NatanaelGinting・Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/6話題】ユニスワップのBNB展開にa16zが反対、Starknet Proverがオープンソース化など(音声ニュース)

ユニスワップのBNB展開、UNI大量保有のa16zが反対票投じる、米検察当局、シルバーゲートによるFTXとアラメダとの取引を調査=情報筋、スタークウェア、トランザクション証明技術「Starknet Prover」をオープンソース化、SBI DAHが国内機関投資家向けデジタルアセットカストディ提供へ、英ゾディアとJV設立で、MakerDAO、500万ドル規模の「防衛基金」立ち上げ、OpenSeaが「Drops on OpenSea」のバージョンアップへ、自称ビットコイン開発者クレイグ・ライトの25億ドル訴訟が裁判に

Sponsored