デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に

中国工商銀行(ICBC)が、中国人民銀行の提供するモバイルアプリウォレット内でデジタル人民元ウォレットサービスの利用を許可したとThe Blockが報道した。

デジタル人民元のテストを開始した最初の都市のひとつである成都のICBCユーザーが、モバイルアプリにサインインした後、デジタル人民元のウォレットを有効にできるようになったようだ。

デジタル人民元のウォレット機能は「Internal Test Wallet」と呼ばれていて、数ヶ月前からモバイルアプリ内で検索できるようになっていたが、4月までは、ホワイトリストに登録されたユーザー以外は有効にすることができなかったとのことだ。

デジタル人民元のウォレットでは「銀行口座からの残高の入金、銀行口座への残高の引き出し、QRコードによる支払い、ピアツーピア取引の開始」という4つの主要モジュールが利用可能になっているとのことだ。

また中国のビジネスメディアCLSは「一部のAliPayユーザーがデジタル人民元モジュールを利用できるようになった」とも報じている。

参考:The Block

(images:iStock/Molnia・NatanaelGinting・Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored