米取引所ジェミナイがマスターカードと提携、暗号資産報酬付きのクレジットカード発行

ジェミナイがマスターカードと提携、暗号資産報酬付きのクレジットカード発行

米暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)がマスターカード(Mastercard)とジェミナイ・クレジットカード発行のための独占的なネットワークパートナーとなることを4月27日に発表した。ジェミナイはクレジットカードを発行することをすでに今年1月に発表していたが、マスターカードとの提携やその詳細がこの度明らかになった。

このジェミナイ・クレジットカードでは、利用したドルに対して、ビットコインやその他の暗号通貨で最大3%の還元を受けられるとのこと。

カード利用者は、暗号資産のリワードをリアルタイムで得られるとのこと。自動的にカード所有者のジェミナイアカウントに入金される仕組みだ。また年会費は無料。ジェミナイ・クレジットカードは米国の50の州で利用可能で、マスターカードの対応店舗であればどこでも利用ができるとのこと。

このカードは今年夏に発行される予定で、現在の特設サイトでウェイティングリストにメール登録ができる状況だ。

なおジェミナイの広報担当者がメディアThe Blockに語ったところによると、マスターカードが暗号資産企業とクレジットカードで提携する初めてのケースだという。

編集部コメント

今年1月のクレジットカード発表の際、ジェミナイのCEOである タイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)氏は以下のようにコメントしていました。

「ジェミナイ・クレジットカードは、消費者が既存の行動を変えることなく、ビットコインやその他の暗号資産に投資することを容易にします。お客様は、いつ、どのようにして暗号資産を購入するかを決めるのではなく、日常の買い物をする際に手に入れることができるようになります。ジェミナイにブロックライズのチームを迎え入れ、一緒に協力して暗号資産のマスアダプションを続けていけることを大変嬉しく思います」

「ジェミナイ・クレジットカードは、ビットコインにとって大きなメインストリームの瞬間になると信じています。世界には、ビットコインを直接所有している人よりも、クレジットカードを持っている人の方が多い。ジェミナイ・クレジットカードは、彼らに行動を変えてもらうことなく、これにより多くの人々にビットコインを届けることができます。航空会社のマイルやポイント、その他のギミックのある報酬を得る代わりに、ビットコインを獲得して将来を確保することができるのです。ジェミナイ・クレジットカードは、支出を投資という建設的な行動に変えることができます」

参考:gemini

(images/iStock:jir)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も