JPモルガンのビットコインファンド、アクティブ運用で今夏に開始か

JPモルガンのビットコインファンド、アクティブ運用で今夏に開始か

JPモルガン(JP Morgan)のビットコインファンドが今夏に展開される可能性があるとCoinDeskが報じた。このことはJPモルガンに詳しい情報筋がCoindeskに語った内容として報じられている。

情報筋によれば、ビットコインファンドのカストディはNYDIG(New York Digital Investment Group LLC)が務める予定のようだ。

そしてこのビットコインファンドはアクティブ運用される予定とのことだ。つまりファンドマネージャーらの緻密な分析に基づき、ファンド運営が行われ、目安となるインデックス以上のリターンが期待される運用スタイルとなる。アクティブ運用を行うファンドは、信託報酬などの運用コストがインデックス運用に比べて高くなりやすい。

参考:Coindesk

(images:iStock/LongQuattro・Maria_Ermolova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資