テスラが保有10%相当のビットコイン売却、イーロン・マスク個人はホールド

テスラが保有10%相当のビットコイン売却、イーロン・マスク個人はホールド

テスラが約294億円(約2億7,200万ドル)相当のビットコインを売却したことを発表した。これは第1四半期決算説明会によって明らかになった。

この情報はテスラが開示した決算資料の投資活動によるキャッシュフローの「Proceeds from sales of digital assets」にて開示された内容だ。

イーロン・マスク氏はテスラのビットコイン売却に関して「私は自分のビットコインを一切売っていません。テスラが保有ビットコインの10%を売却したのは、B/S上で現金保有する代替手段としてのビットコインに流動性があることを証明するためです」とツイートしている。

テスラは約1,636億円相当(15億5000万ドル)相当のビットコインを取得したことを2月7日に米証券取引委員会(SEC)へ提出したレポートによって明らかにした。今回、売却したビットコインはテスラ保有のビットコインの約10%とのことだ。

テスラは3月24日にビットコイン決済の対応開始を発表している。またテスラは決済に使われたビットコインは、法定通貨に変えず保持する方針を表明している。

参考:テスラ

(images:iStock/Who_I_am・Rawpixe)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored