【記録達成理由の取材あり】ビットバンクの預かり資産が2,898億円に(代表取締役社長 廣末紀之)

ビットバンクの預かり資産が2,898億円に

暗号資産(仮想通貨)取引所「bitbank」を運営するビットバンクは2021年4月11日時点で預かり資産が2,898億円に到達し、過去最大を記録したことを発表した。

直近のbitbank預かり資産推移

 

また4月7日にJVCEA(一般社団法人日本暗号資産取引業協会)が公表した最新の統計情報 (2021年2月時点)と「bitbank」の取引データによると、ビットバンクの国内における現物取引高シェアは25.6% 、アルトコインにおいては55.0%のシェアを獲得していることが明らかになった。

2021年2月時点のbitbank国内現物取引高シェア

あたらしい経済編集部はビットバンク代表取締役社長 執行役員 CEO 廣末紀之氏に取材を行った。

ビットバンク代表取締役社長 廣末紀之氏へ取材

-他の取引所を比較した際、ビットバンクはどのような強みがあって、預かり資産2,898億円を達成できたと分析しますか?

廣末紀之(以下:廣末氏):ビットバンクの強みはオーダーブック(取引板)にあります。現在は9種類の銘柄で板取引を行うことができ、相場活況時にもダウンしない堅牢な取引システムを格安の手数料で提供しています。

また、セキュリティレベルの高さ(流出事故なし)は勿論のこと、お客様のお困りごとやご要望に対して誠実に向き合い、1つ1つ着実に対応していく姿勢も相まって、お客様に選んで頂けているからではないかと考えています。

-また現在の仮想通貨投資家は、どのようなニーズがあると考えていますか?

廣末氏:暗号資産取引所は365日24時間いつでも取引できることが大前提です。したがって、どんな状況でもスムーズに取引が行えること、素早く入出金ができること、資産が安全に管理されることが基本的なニーズだと捉えています。

そのような土台をしっかりと構築した上で、取扱銘柄や注文方法を多様化し、健全な手数料且つシンプルな操作性で価値ある取引を1つでも多く実現することが求められていると考えています。

(images:iStocks/pgraphis)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行