ビットコインは中国の対米金融兵器になりうるか、PayPal創業者ピーター・ティール氏発言

ビットコインは中国の対米金融兵器になりうるか

PayPal創業者ピーター・ティール氏が「ビッグテックと中国、シリコンバレーから何が必要か(Big Tech and China: What Do We Need from Silicon Valley?)」というセミナーで登壇し、ビットコインは中国の対米金融兵器になりうる主旨の発言をした。

ピーター・ティールはビットコインマイニング企業のLayer1 Technologiesやブロックチェーン開発プラットフォームのAlchemy、暗号資産運用プラットフォームBlockFiなど複数の暗号資産ベンチャーに投資している。

ピーター・ティール氏は「私はプロクリプト、プロビットコイン・マキシマリストではありますが、現時点ではビットコインも中国の対米金融兵器として考えるべきポイントがあるのではないかと思っています」と伝えている。

またピーター・ティール氏は「ビットコインは機能的な基軸通貨としての役割を果たす可能性が高いので、ドルが支配的でなければないほど、中国はアメリカの金融・外交政策の影響を受けなくなります」と述べている。

さらにピーター・ティール氏は中国人民銀行が発行する予定であるデジタル人民元について「全体主義的な測定器のようなもの」と発言した。

参考:Peter Thiel: Bitcoin Could Be ‘Chinese Financial Weapon’

(images:iStocks/Smederevac・4×6・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している