タイ中央銀行が2022年にリテール型CBDCを試験予定

タイ中央銀行が2022年にリテール型CBDCを試験予定

タイ銀行が2022年第2四半期にリテール型中央銀行デジタル通貨(リテール型CBDC)を試験運用する予定であることを明らかにした。

なおCBDCについてはホールセール型CBDCとリテール型CBDCの2種類に分けられて説明されることが多いが、ホールセール型は中央銀行と民間銀行など金融機関が利用、一方でリテール型は個人や企業が利用するものと考えられている。

タイ銀行はリテール型CBDCについて「リテール型CBDCは、物理的な銀行券に匹敵する中央銀行が発行するデジタル形式の貨幣であり、オンライン・オフラインを問わず金融取引に利用することができます」と説明している。

またタイ銀行はリテール型CBDCに関する試験運用の目的として「タイ銀行がリテール型CBDCを探索する主な目的は、市民がより便利で安全な金融サービスを利用できるようにすることを目指しているからです。さらにリテール型CBDCの開発は、効率的で費用対効果の高いテクノロジー主導の未来をサポートし、より多様で革新的な金融サービスの開発に貢献すると考えています」と説明している。

そしてタイ銀行はリテール向けのCBDC開発は国として重要なマイルストーンとなることから、開発者や一般利用者向けにレポート「The Way Forward For Retail Central Bank Digital Currency in Thailand」を公表した。

編集部のコメント

タイ銀行はこのレポートで「CBDCの発行にはリスクも伴います。私たちはリテールCBDCに関連する3つの主要な懸念事項を特定しています。

それは、1.金融仲介機関が不必要になること、2.特に金融危機の際の銀行の役割が低下、3.CBDCシステムに対する高いセキュリティ基準と国民の信頼の維持です。

しかしこれらの懸念は、CBDC自体の設計やその他の手段によって軽減することが可能だと考えています」と説明しています。

タイは2018年からCBDCへ取り組みを開始しており、他国に比べてCBDCに関する知見が溜まってきているように思えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStocks/Ninja-Studio・seungyeon-kim)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored