ブレイブ日本本格始動か、日本のクリエイター向けにビットフライヤーとの連携サービス開始しBAT受取可能に

ブレイブ日本本格始動か、日本のクリエイター向けにビットフライヤーとの連携サービス開始しBAT受取可能に

プライバシー保護に焦点を当てたブラウザであるブレイブ(Brave)が、日本のブレイブクリエイター向けに暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)との連携サービス開始を3月31日に発表した。

この連携サービスにより、日本のクリエイターはビットフライヤーのアカウントを通じてベーシック・アテンション・トークン(BAT)の受け取り、交換、出金ができるようになる。

ブレイブは今年2月に日本におけるリワードプログラムの変更を発表しており、3月から4月にかけて現行のBATポイント(BAP)のシステムからBATのシステムへの移行が行われている。この移行により、クリエイターの出金オプションとして従来のペイパル(PayPal)が使用できなくなり、新たなオプションとしてビットフライヤーが使用できるようになるとのこと。現在新しくクリエイターとして登録する場合、BAT受け取り用ウォレットとしてすでにビットフライヤーのアカウントとの連携オプションが表示されるようになっている。

なおBAPとBATの交換はできないため、現在BAPを持っている日本のクリエイターは、4月30日までにペイパルアカウントを接続し、支払いを受ける必要があるとのことだ。

また、一般のユーザーに関しても近日中にビットフライヤーのアカウントの接続ができるようになるとのこと。ユーザーはビットフライヤーアカウントを接続することで、Brave Ads(広告を視聴することで報酬を受け取る機能)で受け取ったBATをビットフライヤーで取り扱われている他の通貨と交換したり、自分のイーサリアムアドレスに引き出しができるようになるとのことだ。

編集部のコメント

ブレイブは個人データを収集するような広告をブロックする機能「BRAVE SHIELDS」をもつブラウザです。広告をブロックすることでブラウザが軽くなるという利点がある他、反対に広告を閲覧することでユーザーはブレイブの独自トークン「BAT(ベーシックアテンショントークン)」を取得することもできます。

またブレイブではサイトや動画のクリエイターはユーザーから「BAT」による投げ銭により支援を受けられる機能「Brave Rewards」が搭載されています。

参考:Brave「ビットフライヤーとの連携サービスを発表」 ・「BAPシステムからBATシステムへ移行」

(images:iStocks/pgraphis・Kateryna-Bereziuk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored