ナスダック上場企業Mogoが住宅ローン利用者にビットコイン報酬プログラム提供開始、最大約27万円

ナスダック上場企業Mogoが住宅ローン利用者にビットコイン報酬プログラム提供開始、最大約27万円

ナスダックとトロント証券取引所に上場しているカナダのフィンテック企業モゴ・ファイナンス・テクノロジー(Mogo Finance Technology)が、新規や既存の住宅ローンを行うMogo会員向けに、ビットコインリワードアカウントを活用したキャッシュバックサービスを提供することを発表した。最大約27万円(3,100カナダドル)相当のビットコインがキャッシュバックされる。

モゴ・ファイナンス・テクノロジーの創業者兼CEOであるデイビッド・フェラー(David Feller)氏は「当社のビットコインリワードプログラムは、会員の皆様にビットコインを貯める方法を増やすことが目的です。企業がバランスシートにビットコインを追加するのと同じように、消費者が金融ポートフォリオにビットコインを追加するのは、まだ初期段階であることは明らかです。ビットコインの変動性や投機性を考えると、自分のお金を危険にさらすことなく参加できる方法を求めるカナダ人が増えており、当社のビットコイン特典プログラムはそのような需要に応えるものです。独立系住宅ローンブローカーとして、当社の目標は常に会員が最高の金利で適切な住宅ローンを利用できるようにすることでした。従来のリワードプログラムとは異なり、ビットコインの報酬は、時間の経過とともに価値が上昇する資産クラスというユニークな特徴があります。5年前にビットコインに投資した3,100ドルは、現在では350,000ドル以上の価値があります。」とコメントしている。

モゴ・ファイナンス・テクノロジーの社長兼CFOであるグレッグ・フェラー(Greg Feller)氏は「カナダの住宅ローン市場は、約1.7兆ドルと推定される巨大な市場です。当社は、ビットコインを稼ぎながら住宅ローンを組むための素晴らしい方法をカナダの人々に提供できることを嬉しく思います」とコメントしている。 

参考:businesswire

(images:iStocks/antoniokhr・Leyn・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している