NFT化されたジャック・ドーシーの最初のツイートが約3億2,000万円で落札

NFT化されたジャック・ドーシーの最初のツイートが約3億2,000万円で落札

ツイッター(Twitter)社のCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が自身の最初のツイートをNFT化してオークション形式で販売し、そのNFTが最終的に約3億2,000万円で落札されたことが21日に明らかになった。

ドーシー氏がNFT化したのはツイッターに投稿された同氏の最初のツイートとして有名な2006年3月21日の「just setting up my twttr」というツイートだ。このツイートがNFTのオークションサイト「Valuables(ヴァリュアブルズ)」でNFT化され、今年3月21日にかけてオークション形式で販売された。

このNFTを落札したのはブリッジ・オラクル(Bridge oracle)とクリプトランド(Cryptoland)のCEOを務めるシーナ・エスタビ(Sina Estavi)氏であり、最終的な落札価格は約1,630ETH(約3億2,000万円)となっている。

なおドーシー氏は、今回のNFTの販売で得られた利益を全て貧困地域の支援を行う非営利団体ギブ・ダイレクトリー(GiveDirectly)に寄付することを表明しており、実際に3月23日のツイートにて寄付が完了したことを報告している。

https://twitter.com/jack/status/1374071729467707394

参考:Valuables

(images:iStocks/antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored