CBDCが金融監視ツールに、コントローラブルな匿名性が中国デジタル人民元の核か

CBDCが金融監視ツールに、コントローラブルな匿名性が中国デジタル人民元の核か

中国人民銀行(PBoC)の関係者が「完全に匿名の中央銀行デジタル通貨(CBDC)は選択肢にない」とデジタル人民元の概要について3月21日に中国で開催されたイベントにて発言したことをThe Blockが報じた。

具体的には中国中央銀行のデジタル通貨研究所の責任者であるミュー・チャンチュン(Mu Changchun)氏が「コントローラブルな匿名性が、デジタル人民元の設計の核心となっている」と発言したとのこと。法定通貨には完全な匿名性があるので、コントローラブルな匿名性はそれと反するものとなる。つまりデジタル人民元は、決済手段としてだけでなく、高度な金融監視ツールとして使用することが明らかになった。

さらにミュー氏は「CBDCの匿名性の前提は、リスクコントロールが可能であることと、制限されていることです。完全に匿名のCBDCは現実的ではありません。また、コントローラブルな匿名性は、国際的なコンセンサスに基づいています。アンチマネーローンダリング、アンチテロ資金供与、反脱税の目的を満たさない設計は単純に拒否されるでしょう」と発言した。

デジタル人民元のコントローラブルな匿名性機能は、エンドユーザー同士の取引にのみプライバシーが適用され、取引の詳細は中央銀行や規制当局には明らかになる仕様となっているようだ。

参考:The Block

(images:iStocks/NatanaelGinting・jpavelns・Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored