暗号資産(仮想通貨)取引所FTXが次回大統領選の結果によって価格が決まる先物商品「TRUMP2024」の取引の提供を開始

FTXが次回大統領選の結果によって価格が決まる先物商品「TRUMP2024」の取引の提供を開始

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXが2024年の米大統領選の結果によって価格が変わる先物商品「TRUMP2024」の取引の提供を開始したことを2月9日に発表した。

「TRUMP2024」はFTXの先物商品のひとつであり、2024年に行われる予定である次回の米大統領選においてドナルド・トランプ氏が当選した場合「TRUMP2024」の1トークンあたりの価格は1ドルになり、落選または出馬しなかった場合0ドルになるよう設計されている。FTXの他の先物商品と同様にロングまたはショートが可能であり、損益は米ドルで支払われるとのこと。

FTXによると、金利、手数料、非効率性、スプレッドなどを無視すると、理論的には「TRUMP2024」の価格はトランプ氏が再選する確率と等しくなるとのこと(つまり、ある人がトランプ氏の再選確率を52%と考えている場合、その人にとっての「TRUMP2024」の期待価格は0.52ドルとなるため、「TRUMP2024」が0.52ドルよりも低い価格で取引されていれば購入し、高い価格で取引されていれば売却するという行動をとる。多くの人々がこのように行動すると、「TRUMP2024」の価格は予想再選確率の平均に落ち着くとされている)。

なお現時点(2020年2月10日)での「TRUMP2024」の価格は0.114ドルとなっている。

FTXは昨年の米国大統領選の際も「TRUMP2020」や「BIDEN2020」などの結果予測先物商品を提供していた。さらに今年1月にはアメリカンフットボールのスーパーボウルでの結果によって価格が決まるスーパーボウル先物商品の提供も行っている。

(images:iStocks/Pict-Rider)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored