米大手取引所コインベースがSECのリップル社訴訟受け、XRP取引停止発表

米大手仮想通貨取引所コインベースがリップル(XRP)取引停止発表

米国証券取引委員会(SEC)がRipple Labs社(以下リップル社)とその重要な証券保有者でもある幹部2名を相手に、未登録で進行中のデジタル資産証券の募集を通じて約1,340億円(13億ドル)以上の資金調達を行ったと主張する訴訟を提起したことに際し、世界各国の取引所がその対応を発表している。

そんな中、米大手仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)が12月29日にリップル(XRP)に関して、XRPの取引を停止を発表した。発表によるとXRPの取引に関して、米国時間12月28日14時30分より段階的に制限し、2021年1月19日10時に完全に停止するとのことだ。

なお取引停止後もユーザーはXRPウォレットにはアクセスできるようだ。そして以前から発表されていたSparkのエアドロップに関しては、継続して実施されるとのこと。

編集部のコメント

なお今回XRPの取引停止を発表したコインベースは、SECに上場申請時の登録申請書である「Form S-1」の草案を内密に提出したことを12月17日に発表しており、今回のXRPへの対応に注目が集まっていました。XRPの取り扱い停止に関しては、現在多くの取引所が対応を発表されていますが、米国大手であるコインベースが今回停止を発表したことは市場に関しても大きな影響を与えることが考えられます。

(images:iStock/LuckyStep48)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。