米グレースケール・イーサリアム・トラストのイーサリアム運用額が約1,033億円に

米グレースケール・イーサリアム・トラストのイーサリアム運用額が約1,033億円に

米資産運用会社グレイスケール(Grayscale)の子会社グレイスケール・イーサリアム・トラスト(Grayscale Ethereum Trust)がイーサリアムの預かり資産運用額が約1,033億円(10億ドル)に達したことを11月6日に発表した。

これはグレイスケール・イーサリアム・トラストが顧客に代わって約1,033億円相当のイーサリアムを管理していることを意味している。顧客はイーサリアムを管理する上でセキュリティ上の懸念や利回りなどを考慮して、グレイスケール・イーサリアム・トラストに預けている場合が多い。年間の運用手数料は2.5%となっている。またグレイスケール・イーサリアム・トラストの顧客は一定の条件をクリアしている認定投資家でなければいけない。

10月にグレイスケール・イーサリアム・トラストは、四半期報告書と年次報告書を提出するために、証券取引委員会に登録報告会社となっている。

編集部のコメント

グレイスケール・イーサリアム・トラストは米取引システムプロバイダーのトレードブロック(TradeBlock)が提供するイーサリアムのインデックス(指数)を使って、イーサリアムを購入しています。このインデックスの名前はTradeBlock’s ETX Indexといいます。TradeBlock’s ETX Indexはイーサリアムの米ドル換算のリアルタイムのスポットレートを表しています。インデックス値は主要なイーサリアムを取り扱う取引所での観察された取引活動に基づいて、1秒に1回アルゴリズムで計算されています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した