大手アートオークション企業クリスティーズのオークションでサトシ・ナカモトの思想をポートレートにしたアート作品とNFTが約1,390万円で落札

大手アートオークション企業クリスティーズのオークションでサトシ・ナカモトの思想をポートレートにしたアート作品とNFTが約1,390万円で落札

大手アートオークション運営企業クリスティーズ(Christies)のオークションでビットコインの発明者サトシ・ナカモトの思想をポートレートにしたアート作品と、それに付随するNFT(Non Fangible Token/代替不可能なトークン)である「Block21」が約1,390万円(131,250ドル)で落札されたことが明らかになった。大手オークションハウスでNFTが落札されたのは初めてとのこと。

今回オークションにかけられた「Block21」はロバート・アリス(Robert Alice)氏のプロジェクト「Portraits of Mind」の40作品のうち1作品。この作品のアートワークはベン・ゲンティリ(Ben Gentilli)氏が担当していて、全長50メートル以上に及ぶ40枚の円形パネルにビットコインの1230万桁のオリジナルコードが40作品それぞれ個別に刻印され、ペイントされている様子が描かれている。

クリスティーズは落札予想額を127万円から190万5千円(12,000ドル~18,000ドル)と設定していたため、約10倍の価格で落札されたこととなる。

「Block21」はデジタルでプログラム可能な絵画を扱うアシンクアート(Async Art)と呼ばれるプラットフォーム上でコンパイルされたもので、時間とともに変化させることができ昼夜のサイクルに反応するように設計されているとのこと。

「Block21」をコンパイルしたAsync Artのリリースには「NFTのスペースは芸術的にも経済的にも創造的な実験の転換点に立っています。その次の大きな一歩は伝統的なファインアートの世界を巻き込んでいくことです。ルネサンス以来、技術がこれほど根本的に力とコントロールをアーティストの手に取り戻すことはありませんでした。クリスティーズでの初のNFTの歴史的な販売は、この空間の急速な成熟に我々が貢献していることを示しています」と記載されている。 

編集部のコメント

クリスティーズ1766年に設立されていて、現在10ヵ所以上に拠点を持つ世界有数のオークションハウスです。クリスティーズは「Block21」の販売にあたって「クリスティーズでは初のNFTであるロバート・アリスのBlock21の展示とオークションを開催し、NFTのコミュニティをクリスティーズにお迎えできることに興奮しています。ニューヨークのギャラリーで過去の名画と並んで、このラディカルな新しい芸術媒体が展示されることで、美術史の中でのNFTの成長しつつある位置について、新たな会話が生まれることを期待しています」とコメントしていた。今後もNFT×アート市場は盛り上がっていくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している