ツクルバとフィンテックアセットマネジメント協業の不動産ファンドの運用自動化検討にLayerXが参画

ツクルバとフィンテックアセットマネジメント協業の不動産ファンドの運用自動化検討にLayerXが参画

中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」を提供する株式会社ツクルバが、フィンテックアセットマネジメント株式会社(FAM)が組成・運営する不動産ファンド「Re-Innovation Fund 1号」に出資したことを3月13日プレスリリースにて発表した。

さらにツクルバは同ファンドに対し、物件取得からリノベーションのプロデュース、物件売却までをサポートをすることで、最適な物件を市場により多く供給できる仕組みの実現に向けた協業を開始する。

同協業には、株式会社LayerXが同ファンド運用自動化のトライアルに向けた共同研究のために参加するとのことだ。

「Re-Innovation Fund 1号」は、都心の好立地エリアの中古マンションをターゲットに、リノベーションによって物件の価値を向上させ、実際にそこに住む人に販売することで利回りを出す戦略を取る不動産ファンド。

ツクルバは、cowcamoで蓄積したユーザーが好む物件のデータを活用し、同ファンドは物件の取得を行う。取得した物件は、同じくcowcamoのデータを活用し、リノベーション企画を行い、ユーザーの求める最適な内装に仕上げるとのことだ。またリノベーションされた物件はcowcamo上でも販売される。

LayerXは技術を活用した同ファンドの運用業務を自動化をすることで、コスト削減・効率化による利回り向上の可能性の検討を行う。

編集部のコメント

同プレスリリースには、LayerXがブロックチェーンを利用するなど技術についての詳細に関する記載はありませんでした。同社が今後どのような形で不動産ファンドの自動化をしていくのかその動向が気になります。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:nisaul-khoiriyah)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズ、SUPERPLASTICとメタバース体験提供で提携。NFT「Headtripz」リリースで協力

香港に拠点を置くブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う会社であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)と、デジタルデザイナートイブランドのスーパープラスチック(Superplastic)が、メタバースゲームの体験を提供する為に提携したことが1月20日に分かった

【1/21の話題】FTXがVisaデビットカード発行へ、ツイッターがNFTをプロフィール画像になど(音声ニュース)

FTX、Visaデビットカード発行へ。日本含む195ヵ国でウェイティングリスト登録可能、ツイッター、NFTをプロフィール画像にする機能を一部ユーザーへ提供、ニューヨーク市長が給料をビットコインとイーサに、コインベースが支援、ロシアで暗号資産どうなる?中銀が使用とマイニング禁止を提案、【日本初】米ドルステーブルコイン「DAI」が上場へ、CoinBestで、アディダスとプラダ、3000枚の応募写真を1つのNFT作品に。参加者は永続的収益も、米総合格闘技UFC、コレクタブルNFT「UFC STRIKE」販売へ。ダッパーラボの「FLOW」で、ヘネシー、LVMHの「Auraブロックチェーン」に参加。ボトルに証明書発行、「あまおう」輸出をブロックチェーンで、chaintopeらのトレーサビリティ実証成功、【取材】double jump. tokyo、複数人で秘密鍵管理できる「N Suite」リリース、クラーケンジャパンの取引ペアが53に、「Any to Any」導入で、クリエイターエコノミープロジェクト「CoeAvatar」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored