chaintopeがライトニングネットワークを拡張した独⾃トークン発⾏可能な「Inazma」発表、VISITS Technologiesが経済産業省中小企業庁に技術提供などブロックチェーン・仮想通貨ニュース

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けします。

1月23日のブロックチェーン・仮想通貨ニュース

  • コインベースCoinbaseがアジア圏でサービス拡大を発表
  • バイナンス(Binance)がOTCデスクの開始発表
  • チェイントープ(chaintope)がライトニングネットワーク(Lightning Network)を拡張した独⾃トークンやコインを発⾏可能とするプラットフォーム「Inazma」を発表
  • VISITS Technologiesがコンセンサスインテリジェンス技術(CI技術)を、経済産業省中小企業庁の補助金審査プロセス高度化の調査事業に技術提供
  • 海外を舞台に多拠点生活を支援するトークンハウスが箕輪厚介氏など複数のエンジェル投資家から資金調達

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock / artsstock・liuzishan

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

デジタルドルプロジェクトに23メンバーが追加、HSBCがCordaで100億ドル私募債デジタル化、博報堂らブロックチェーン活用の著作権侵害保護サービス開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

デジタルドルプロジェクトが新たな23のメンバーを発表、HSBCがCorda上で100億ドルの私募債をデジタル化したことを発表、博報堂とケンタウロスワークスと原本が共同でブロックチェーン活用の著作権侵害保護サービス「C-Guardian」を開発、バイナンスアカデミーが上海政府と共同でブロックチェーン技術産業研究所を設立へ

博報堂とケンタウロスワークスと原本が共同でブロックチェーン活用の著作権侵害保護サービス「C-Guardian」を開発

株式会社博報堂が、同社発足の「HAKUHODO Blockchain Initiative」と株式会社ケンタウロスワークスおよび原本株式会社と共同で、ブロックチェーン技術を活用して、デジタルコンテンツの著作権を管理・保護するサービスC-Guardian(シー・ガーディアン)を、開発したことを3月30日にプレスリリースにて発表した

Visaデビットカード「Binance Card」ベータ版がリリース、アントフィナンシャルが越境EC「Kaola」にブロックチェーン導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

バイナンスがVisaのデビットカード「Binance Card」ベータ版をリリース、アントフィナンシャルが越境EC「Kaola」にブロックチェーン導入、楽天ウォレットがレバレッジ取引サービスを開始、シンギュラネットとシンガポール製造技術研究所が共同でイーサリアムの高速化へのボトルネックを特定した論文を公開