Omiseが三井不動産などから資金調達、BinanceがChainalysisとパートナーシップ締結、三菱UFJ銀行が計画中のステーブルコインの名称変更、タイムバンクがシンガポール子会社「Timelab」設立など6つのブロックチェーン・仮想通貨ニュース

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けします。

10月18日のブロックチェーン・仮想通貨ニュース

  • Omiseが三井不動産・グローバルブレインなどから資金調達
  • Binanceがブロックチェーン取引の分析・監視ソフトを開発しているチェーンアナリシス(Chainalysis)とパートナーシップ締結
  • 三菱UFJ銀行が発行計画中のステーブルコインの名称を「coin」に変更
  • 「国境を超えたトークンエコノミーの成功事例を作りにいきます。」タイムバンク、ブロックチェーン開発に特化したシンガポール子会社「Timelab(タイムラボ)」を設立
  • 仮想通貨取引所Huobiが明日から4つのステーブルコイン追加
  • ブロックチェーンスタジオを運営する株式会社HashHub、Fressets株式会社と共同で、「ブロックチェーンエンジニア集中講座」を開講

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

※便利なバックグラウンド再生もできます!

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock / artsstock 

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

Digital Entertaiment Asset社がDEAPcoinを専用通貨とするマーケットプレイス「Digital Art Auction」を発表

ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開し、シンガポールを拠点とする企業 Digital Entertainment Asset Pre.Ltd.(DEA社)が、同社発行のDEAPcoinを専用通貨とするマーケットプレイス「Digital Art Auction」を4月15日にサービス開始することを、4月1日に発表した

NRIがブロックチェーンを活用し日本初のデジタルアセット債とデジタル債発行、日立ソリューションズがConsensysと販売代理店契約を締結などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

野村総合研究所(NRI)がブロックチェーンを活用した日本初の「デジタルアセット債」と「デジタル債」を発行、日立ソリューションズが企業向けイーサリアムブロックチェーンプラットフォームの販売代理店契約をConsensysと締結、オーケーコインジャパンが金融庁認可の仮想通貨交換業者として登録を発表、ディーカレットが現物取引とレバレッジ取引のAPI提供を開始

日立ソリューションズが企業向けイーサリアムブロックチェーンプラットフォームの販売代理店契約をConsensysと締結

株式会社日立ソリューションズが、コンセンシス(ConsenSys)の分散型アプリケーションの構築環境を提供するイーサリアムブロックチェーンプラットフォーム「PegaSys Plus」の国内初の販売代理店契約を締結し、4月1日から販売開始することを明らかにした。