OpenSea、NFTアグリゲータ「Gem」を買収

OpenSea、NFTアグリゲータ「Gem」を買収

NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、NFTアグリゲーターのジェム(Gem)を買収したことが4月25日に分かった。

ジェムは複数の主要なマーケットプレイスで出品されているNFTを、同社プラットフォームを通じて最適な価格で売買できるサービスを提供している。なお今回の買収額は明らかになっていない。

買収後も、ジェムは独立のプロダクトおよびブランドとして、オープンシーから独立した状態で運営される予定だという。またこの買収によって、オープンシーはジェムの主要な機能をマーケットプレイスに導入し、NFTの購入をよりシームレスにできるようにする方針を示した。

OpenSea共同設立者兼CEOのデビン・フィンザー(Devin Finzer)氏は、次のようにコメントしている。

「ジェムのロードマップに投資し、最終的にはより多くの人々をNFTの世界に迎え入れることができることに興奮しています。とはいえ、私たちが今日発表するような大きな決断を検討するとき、そのすべての側面を徹底的に評価していることを、コミュニティの皆様に知っていただくことが重要です。私たちはプロダクトやユーザーと同じように、一緒にパートナーシップを築いていく仲間にも価値を置いています」

参考:オープンシー
デザイン:一本寿和

images:iStock/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/12話題】フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券、トランプが「ビットコインカンファレンス」で演説へなど(音声ニュース)

フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券販売へ、25年公開『宝島』の関連権利をST化、ドナルド・トランプ、7月27日に「ビットコインカンファレンス2024」で演説へ、バイナンスジャパン、貸暗号資産「Simple Earn」にアスター(ASTR)追加、米SEC、BUSDに関するパクソスの調査を終了。強制執行は実施せず、米マイクロストラテジー、1対10の株式分割を発表、ビットコインLN決済でギフトカード購入可能に、カシェイとライフカード提携で、米コインベースがオンチェーン資産を一括管理できるWebサイト公開、複数ウォレット接続で、コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内デジタル宝石のユーザー間取引数が1万件突破、Fireblocks、「グローバル・カストディアン・パートナー」にSBI出資のゾディアや野村のコマイヌらが参加、ゴールドマン・サックス、3つのトークン化商品を年内発表か=報道、Worldcoinが独自ブロックチェーン「World Chain」の開発者プレビュー公開、下期のメインネットローンチに先駆け

Sponsored