OpenSea、NFTアグリゲータ「Gem」を買収

OpenSea、NFTアグリゲータ「Gem」を買収

NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、NFTアグリゲーターのジェム(Gem)を買収したことが4月25日に分かった。

ジェムは複数の主要なマーケットプレイスで出品されているNFTを、同社プラットフォームを通じて最適な価格で売買できるサービスを提供している。なお今回の買収額は明らかになっていない。

買収後も、ジェムは独立のプロダクトおよびブランドとして、オープンシーから独立した状態で運営される予定だという。またこの買収によって、オープンシーはジェムの主要な機能をマーケットプレイスに導入し、NFTの購入をよりシームレスにできるようにする方針を示した。

OpenSea共同設立者兼CEOのデビン・フィンザー(Devin Finzer)氏は、次のようにコメントしている。

「ジェムのロードマップに投資し、最終的にはより多くの人々をNFTの世界に迎え入れることができることに興奮しています。とはいえ、私たちが今日発表するような大きな決断を検討するとき、そのすべての側面を徹底的に評価していることを、コミュニティの皆様に知っていただくことが重要です。私たちはプロダクトやユーザーと同じように、一緒にパートナーシップを築いていく仲間にも価値を置いています」

参考:オープンシー
デザイン:一本寿和

images:iStock/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored