OpenSea、NFTアグリゲータ「Gem」を買収

OpenSea、NFTアグリゲータ「Gem」を買収

NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、NFTアグリゲーターのジェム(Gem)を買収したことが4月25日に分かった。

ジェムは複数の主要なマーケットプレイスで出品されているNFTを、同社プラットフォームを通じて最適な価格で売買できるサービスを提供している。なお今回の買収額は明らかになっていない。

買収後も、ジェムは独立のプロダクトおよびブランドとして、オープンシーから独立した状態で運営される予定だという。またこの買収によって、オープンシーはジェムの主要な機能をマーケットプレイスに導入し、NFTの購入をよりシームレスにできるようにする方針を示した。

OpenSea共同設立者兼CEOのデビン・フィンザー(Devin Finzer)氏は、次のようにコメントしている。

「ジェムのロードマップに投資し、最終的にはより多くの人々をNFTの世界に迎え入れることができることに興奮しています。とはいえ、私たちが今日発表するような大きな決断を検討するとき、そのすべての側面を徹底的に評価していることを、コミュニティの皆様に知っていただくことが重要です。私たちはプロダクトやユーザーと同じように、一緒にパートナーシップを築いていく仲間にも価値を置いています」

参考:オープンシー
デザイン:一本寿和

images:iStock/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ