「NYはビットコインの中心地になる」市長選、最有力候補の言及

「NYはビットコインの中心になる」市長選、最有力候補の言及

2021年のニューヨーク市長選挙の民主党予備選で、現在の最有力候補者であるエリック・アダムス(Eric Adams)氏が「NYはビットコインの中心地になる」と言及したことをブロックチェーンメディアTHE BLOCKが6月24日に報じた。

報道によるとアダムス氏は市長選に勝利した場合、NY市をテクノロジーの中心地にすることを目指しているとのこと。

なお現在アダムス氏は32%近い票を獲得して他の候補者をリードしているとのこと。選挙の最終結果は7月12日の週に発表されるようだ。

アダムス氏は今週21日に行われたパーティーのスピーチの際に「1年後に約束します。あなたは違う街を見ることになるでしょう」と述べ、「私たちは(NY市に)ビジネスを誘致します。(NY市は)ライフサイエンスの中心地、サイバーセキュリティの中心地、自動運転車やドローンの中心地、そしてビットコインの中心地になるのです」と語ったとのことだ。

参考:THE BLOCK
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Tzido・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催