ポルシェ関連会社、NFTマーケットプレイスをローンチ

ポルシェ関連会社、NFTマーケットプレイスをローンチ

ポルシェのデジタル領域の子会社Forward31が、NFTカードのマーケットプレイス企業のFanzoneを設立したことを6月14日に発表した。またFanzonはドイツサッカー協会が最初のパートナーであることも発表した。ユーザーはFanzone上でデジタルカードを収集・交換し、さまざまなゲームで使用することができるとのことだ。

現在Fanzoneでは、ドイツの女子および男子のナショナルチーム、U21ユースチーム、ドイツ3部リーグの選手カードを集めることができ、パートナーシップの拡大を計画しているようだ。

ポルシェ・デジタルの会社設立責任者であるクリスチャン・クノール氏は「トレーディングカードやアルバムへの需要は何十年にもわたって途切れることがありません。Fanzoneとともに、私たちは今この有望な市場をデジタル化しています。私たちはFanzone、Dirk Weyel、Björn Hesse、Claudio Weckのチームを戦略的にサポートすることを楽しみにしています。それぞれの企業の創業者たちは、ゲーム、スポーツマーケティング、ブロックチェーン技術における長年の経験を持っています」とコメントしている。

今後はスポーツ機関や関係者にも新たなマーケティングチャネルを提供していく予定とのことだ。

参考:Forward31
デザイン:一本寿和
images:iStocks/MARHARYTA-MARKO

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した